スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季報CD-ROMがうまく起動しない時(CDを入れないと動かないなど)

備忘録で書きます。
四季報CD-ROMを買ったはいいけど、完全インストールしたのにCDを入れないとうまく起動しない
という現象にあった人は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?



新しいPCで四季報CD-ROMの完全インストールはうまくいってもいざ検索するとCDをいれないとうまくいかない時は
こうするとなおります。

1.まず四季報CD-ROMのショートカットを右クリックします。
ファイルの場所を開くを選択します。


2.こんな画面がでるのでSKHCDR50というファイルを右クリックします。
2016y09m22d_191028737.jpg

プロパティを選択します。

3.こんな画面が出たら互換性というタブをクリックします。
2016y09m22d_191242000.jpg


4.すべてのユーザーの設定を変更をクリックします。


2016y09m22d_191246943.jpg


5.管理者としてこのプログラムを実行するのところにチェックをいれます。
チェックをいれたらOKをクリック
2016y09m22d_191341818.jpg


6.もう1回OKをクリック

2016y09m22d_191459289.jpg

OKをクリックすると画面が閉じます。

これで四季報CD-ROMをもう一度起動してみてください。
うまくいってると思います。


四季報CD-ROM買ったのにうまくいかないという人はこれを試してみてください
スポンサーサイト

2016年FOMC日程

2016年FOMC開催日程のメモです。

2016年に開催される米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)の日程は以下の通り。

1月26─27日

2日目米東部標準時間午後2時(1900GMT、日本時間28日午前4時)に声明発表

3月15─16日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間17日午前3時)に声明発表

日本時間午前3時半に記者会見

4月26日─27日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間28日午前3時)に声明発表

6月14─15日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間16日午前3時)に声明発表

日本時間午前3時半に記者会見

7月26─27日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間28日午前3時)に声明発表

9月20─21日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間22日午前3時)に声明発表

日本時間午前3時半に記者会見

11月1─2日

2日目米東部夏時間午後2時(1800GMT、日本時間3日午前3時)に声明発表

12月13─14日

2日目米東部標準時間午後2時(1900GMT、日本時間15日午前4時)に声明発表

日本時間午前4時半に記者会見

マイクロソフト マネー(Microsoft Money)の自動株価更新ソフト MSマネー愛用者に必見です。

長年マイクロソフトマネーを愛用していたのですが、株価の自動更新機能サービスが中止になってしまって、
100銘柄近い保有株の株価の更新を手動で入力していてとても大変だったのですが
本日なんとなくぐぐってみたら

なんと!
マイクロソフトマネーの株価更新機能のソフトを発見!

これです!

http://kabuofx.tmurakam.org/downloads


株価OFX (β)



ちょーーーーー便利です。

マネー管理ソフトはマイクロソフトマネーのできが一番で他にかわりになるようなソフトがなく
株価の更新サービスが終わってしまってからはほとほと困っていましたが
これで解決です!
いまだにマイクロソフトマネーを愛用していているかたはぜひ使ってみてください!

以下はサイトのコピペです。





最新の株価データを Microsoft Money に取り込み可能な OFX ファイルを提供
このサイトについて

株価データ ダウンロードサイト から取得した1日ごとの株価データから、Microsoft Money に取り込み可能な OFX ファイルを生成、提供します。

この OFX ファイルを使用することで、株価自動更新機能がない Microsoft Money Sunset 版でも 株価を更新することができます。

使い方

画面上部 ポートフォリオ から、ダウンロードしたい証券コードを設定し、OFX ファイルをダウンロードしてください。 なお、データの更新は毎日 18:00 に行なっています。
もしくは、以下のリンクから全株価情報を含む OFX ファイルをダウンロードすることもできます。 ただし、東証の全銘柄データを含むため、データが重いです。

OFXファイルダウンロード

以下、注意事項です。

取り込み時に、ダミーの資産を必ず1つ作り、ここに取り込むようにしてください。既存の口座に取り込むと、全ポジションが 0 になったりして面倒なことになります。
これは OFX の仕様上、ポジションに対して価格を指定するようになっているため。このため、全銘柄ポジション 0 で OFX を生成するようにしてあります。
取り込み時にダイアログボックスが表示されたら、「延期」を押してください。 また、未読の明細書が表示されますが、右クリックで削除して構いません
「通常使わない資産」に設定し、「資産一覧の表示」から「通常使用しない資産を隠す」にチェックを入れておくことをおすすめします。


ソースコード

本サービスのソースコードは Github で公開しています。

Copyright © 2013, Takuya Murakami




参考HP
http://soutai40.com/archives/blog-entry-5255.html


http://soutai40.com/archives/blog-entry-9631.html



明日はオフ会

明日は人生初となる株オフ会の参加

ふみちゃんさん
の企画です。
ありがたや~

札幌開催だと出席しやすい。

基本システムトレードなので、システムを作ったり改良したりする以外にでは
実際のトレード自体にあまり考えることはないんだけど、

アメリカのFRBはマネーを絞り始めていて、日本とヨーロッパはマネー量の増加は継続。
こういう時はちょっと難しいんだよね。
世界マネーの半分以上はドルだし。
だいたい基本ボックスか、2極か相場になることが過去のデータ上そうだけど
日銀は株ETFとREITETF買い続けているので基本は相場が押したときにこれにのっかるのがいいと思う。

しかし、世界中で続くこの債権バブルはいつまで続くんだろう???
日本の10年物国債の金利0.2%台でっせ。。。こんな金利で買うの日銀以外にありえないと思うけど。

金言
中央銀行には逆らわない。

んん~ん 要注意モードになったことは確実

今日は自分が相場について信じていることを書いてみたいと思います。

相場の予想はしない主義ですが、基本的には株価や経済の状況というのは決して表にはでてこない黒幕のフィクサーであるマネーをコントロールしている極極一部の連中(ユダヤ人)に完璧にコントロールされていると確信を持っています。

相場を動かすのはニュースなんかではなく需給が全てです。売るのが多いか買うのが多いかそれだけで単純です。
アホナマスゴミや日経新聞やテレ東の経済番組。どっかの証券会社のアナリストなんかはどうでもいいような雑魚連中で全く相手にもする価値のない最下層の人達であって、こんな連中のいうことを信じたりしていたら投資で儲けるのは100%不可能だと思っています。

株なんかで言うと売りの量は現実的には限られていて、発行株数より多い売りの量がでることはないわけで、現実的にはいっぺんに全部うられることはなく浮動株の株数くらいに限られているでしょう。

しかし買いの量というのは何かといえば株を買うためのお金の量のことであり、お金はマネー量をコントロールできる連中がコンピューターのキーをたたくだけで無限に作れるわけでして、極端にいってしまえば買いの量は理論的にはマネーの発行権を持っている極一部の連中がコントロールできるわけであります。
なんで相場というのは極端に言ってしまえばお金の量をコントロールできる極極一部の連中によって完璧にコントロールされていると自分は確信しています。
しかしトレーダーや投資家でもお金の量を注視している人は少ないんではないかと思います。

で、なんで要注意モードかというとドル紙幣の量が頭打ちとなってしまっておりますので、この期間にアメリカ株が強い上昇トレンドを作ることは過去のデータ上一度もないです。短期のフェイントはよくあります。

自分の資金配分は現在長期で持ってる日本株がかなりの部分をしめているのでこれをどう持っていくか思案中です。
日銀とFRBのスタンスが違う時は銘柄によってばらつくので迷います。


金融の世界の黒幕のフィクサー達は基本的に非常にゆっくりことを進めるので気がつきにくいですが、ある程度は対応しやすいともいえるかもしれません。
リアルタイム市況
FC2カウンター
プロフィール

DNF

Author:DNF
生息地:札幌市
2000年のインターネット証券の登場で即効で
口座作って株始めました。

兼業かたわら、相場の研究とトレードに精をだしていますが、裁量トレードはヘタクソなのを実感したのと精神的につらすぎて、これ高齢になったら続けるの無理なんじゃないかと思い、結局今はエクセルで自作した(なんだかんだで2~3年はかかった。。。)システムトレードと中長期の現物株での配当生活をめざしております。

でもいまだにヘタクソな僕は裁量トレードやって損しまくってます。


株暦長いくせにまだまだ資産的には不十分ですが、相場が好きで好きでたまらないのでトレードは一生確実に続けると思います。

目標は何もしなくても自動的に入ってくるキャシュフローだけで経済的な面で生活できることです。



ここに記載するのはあくまで私個人のデータと見解に基づくものですので、投資取引の推奨するものではありません。
またこのブログに書かれている事は正確であるとは限りませんので投資はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ツイッター
https://twitter.com/DnfHdnet

現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。