ジム

子供たちに1つだけ残せと言われたら、夢見る勇気を残してやりたい。

情熱を追い求める勇気、失敗してもまたチャレンジする勇気だ。

本当の失敗とはただ1つ、やってみようとしないことである。

間違った問いとはただ1つ、何も問いかけないことである。


ジムロジャースのストリートスマート
スポンサーサイト

システムが機能する相場、しない相場

実際に金を賭けて運用を始めると、数字上だけではわからなかったシステムの問題点
そのシステムが機能しやすい相場環境と、しにくい相場環境が実感として
わかってくる。

僕の参考書のひとつであるバーンKタープ氏の本で
市場タイプの分類に触れている
6つの市場タイプ

A.ボラティリティの高い状況で
1.上げ相場
2.横ばい相場
3.下げ相場

B.ボラティリティの低い状況で
1.上げ相場
2.横ばい相場
3.下げ相場

の6つの市場タイプである。
今回の今の相場はどこをどう見ても
A.3でしょ

実際に運用してみると自分のシステムが機能しにくい一つのパターンが見つかって
これを参考にシステムを改変してみたら
やはり期待値はよくなる。

今の自分のシステムのコンセプトは大きく2つにわかれてるんだけど
今回の大荒れ相場で利益を出しやすいシステムと出しにくいシステムがわかったので
これは長期的に今後の運用を考えるととてもよかったと思う。


市場予想

市場予想は絶対にしない。

明日の相場はたぶん上がるだろうとか下がるだろうだとか絶対しない。
相場の予想なんて百害あって一利なし!




今年の下半期の目標は

絶対に寸分の狂いもなく売買ルールに従って
トレードを行うこと!




リアルタイム市況
FC2カウンター
プロフィール

DNF

Author:DNF
生息地:札幌市
2000年のインターネット証券の登場で即効で
口座作って株始めました。

兼業かたわら、相場の研究とトレードに精をだしていますが、裁量トレードはヘタクソなのを実感したのと精神的につらすぎて、これ高齢になったら続けるの無理なんじゃないかと思い、結局今はエクセルで自作した(なんだかんだで2~3年はかかった。。。)システムトレードと中長期の現物株での配当生活をめざしております。

でもいまだにヘタクソな僕は裁量トレードやって損しまくってます。


株暦長いくせにまだまだ資産的には不十分ですが、相場が好きで好きでたまらないのでトレードは一生確実に続けると思います。

目標は何もしなくても自動的に入ってくるキャシュフローだけで経済的な面で生活できることです。



ここに記載するのはあくまで私個人のデータと見解に基づくものですので、投資取引の推奨するものではありません。
またこのブログに書かれている事は正確であるとは限りませんので投資はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ツイッター
https://twitter.com/DnfHdnet

現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR