支持線で買って抵抗線で売る

ただこれだけのことなんだよなぁ

支持線付近でなんのちゅうちょなく買う勇気


もんだいはこの時の初期ストップの設定なんだよね。

初期ストップはポジションサイズに直接影響するので、重要なんだけど

支持線や抵抗線で仕掛けることのメリットはなんといってもストップの設定を
他の戦略よりも比較的近くに初期ストップをおけるので同じリスクでもポジションサイズを
大きくしやすいことにあるんだよね。

仕掛けはとても大事、大事。



最近はアルゴで以前の安値、高値きっちりに設定するとブレイクのための引っ掛け仕掛売買が
発動されるので、これを回避するためのすこし幅を大きくするか、支持線をトライした後に
直近で抵抗ができたことを確認してから終値近くで仕掛けるか?
すると初期ストップがはなれてしまって、ポジションサイズが小さくなってしまうと言うジレンマが。。。

この売買ルールを検証するシステムをまだ持ってないので自信をもってすすめないんだよね。

仕事が一段落したら今稼働しているシステムに追加して早急にこの支持線抵抗線のシステム作りたい。


スポンサーサイト

まだはもうなり、もうはまだなり

今年はあんまりシステムがうまく機能してない感じであんまり儲かってません。

システム動かしてはいるけど、やっぱり月によるアノマリーはある程度あるのがシステムの結果みても
わかったので、システムに月を組み込んでみた。

一つのトレードでは最大で0.75%しかリスクとらないから
まぁ、ひとつひとつのトレード結果はどうでもいいんだけどね。


しっかし、もう一波乱あるのかな?

この驚異的な金融緩和でのこの弱さにはちょっと違和感があるけど

あんまり気をはらずに、日中は相場の動きを見ずにやっとくかな。

騰落レシオ高い割にあんまり上がったって感じはないよなぁ。

もうはまだなりっていうけど、もう一波乱あるのだろうか?

それともMSQ後は爆上げだろうか?

いつもはMSQでは月火と下げて水曜日あたりに底をうってMSQにむけてあがることがおおいと
おもってたけど、今回は違うみたいね、SQに関してはちゃんとデータとって検証してないので。
今のルールで続けよう。

できれば支持線、抵抗線のシステムを作りたい。

本業仕事で4月中旬まではやることばたばたあって落ち着かない感じだな。

ユダヤ社会による世界の人口削減計画の中、
ユダヤの奴隷国である日本は率先して
金の支配による人口削減計画を推進してきた。

人口減少が確実な中、企業経営陣は利益を出すために従業員を減らしてきた。
というか国家が新しい人間を作り出さないようにしてきた。
そしていままで経験したことのない
人口減少が確実となったところで中央銀行によるマネー供給が驚異的なレベルで増加している状況となっている。

このことが意味することはいくらお金をだして、金額をつり上げても
当面の間は仕事をする人間自体が足りことにより物理的に仕事ができなくなる状況がおこるということである。

福島の原発事故処理もいくら金をだそうとも処理する人間自体がいなくなってしまうことで、
この原発事故の処理は永遠に片付けることができない自体が起こることが容易に想像される。
(東電内ではすでにうすうす感じていることでしょうが、原発政策はいくらキチガイCIAゴミ売り新聞(=読売新聞)などが騒いでも原発に携わる人間がいなくなるという事実、内部崩壊によって続けることが不可能になるでしょう)
たとえば新しい構造物をつくろうとしても作る人間がいなければお金があくらあってもできないこと
を意味する。

こういう社会に日本はすでに突入している。
貨幣供給量がいくら増えても、人間が減るということは

順番をおって考えると

貨幣が増えることによって企業の仕事は増える。

仕事が増えても、従業員のカバーできる以上の仕事であれば、それはできなくなる。

仕事の受注側は引き受け値段をあげて、人材を確保しようとする。

しかしすでに新しい世代の人間供給は劇的にへっているために企業側は必要な数の人材を確保することはできない。
よって、増加する分の仕事の受注ができない。
ここでおそらく余ったマネーの行き先は資源価格一次産品や投機市場へとなる。
上記の理由で実体経済は増加したマネーの循環が人間量によりストップをかけられるためにあまり良くならない。

もし、中央銀行が貨幣供給量を減らせば、これは今まで何度も経験していることなので
その後も経過は想像がつく。



通常なら今までの日本が経験してきたことだけど
貨幣供給量と人間供給量の増加が一致していれば経済はよくなる(金回りはよくなる)

今まで日本が経験してきたことは人間量が増えていく中で、民間が支配する中央銀行、つまりユダヤ金融マフィア達による操作で貨幣供給量が増えたり減ったりしてきたこと。

現在起こっていることはこれまで経験のない人間供給量が減る中で貨幣供給量が増える社会である。
今日銀が行っている中央銀行がこの状況で貨幣供給量を増やし続けるならば普通に考えれば
起こることは貨幣価値の低下しか考えられない。



今考えられることのメモです。


リアルタイム市況
FC2カウンター
プロフィール

DNF

Author:DNF
生息地:札幌市
2000年のインターネット証券の登場で即効で
口座作って株始めました。

兼業かたわら、相場の研究とトレードに精をだしていますが、裁量トレードはヘタクソなのを実感したのと精神的につらすぎて、これ高齢になったら続けるの無理なんじゃないかと思い、結局今はエクセルで自作した(なんだかんだで2~3年はかかった。。。)システムトレードと中長期の現物株での配当生活をめざしております。

でもいまだにヘタクソな僕は裁量トレードやって損しまくってます。


株暦長いくせにまだまだ資産的には不十分ですが、相場が好きで好きでたまらないのでトレードは一生確実に続けると思います。

目標は何もしなくても自動的に入ってくるキャシュフローだけで経済的な面で生活できることです。



ここに記載するのはあくまで私個人のデータと見解に基づくものですので、投資取引の推奨するものではありません。
またこのブログに書かれている事は正確であるとは限りませんので投資はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ツイッター
https://twitter.com/DnfHdnet

現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR