スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピペです(忘れない用のメモとして)。

孫崎先生ごめんなさい。


日本の社会で、不思議な現象が起こっている。

一般的に、官界、経済界。メディア等上に行けば。知的水準が高いと思われる。しかし、官界、経済界。メディア等上に行けばいくほど、日本社会の持つ問題について、本質論を避ける。そして本質から外れた詭弁を守り、集団的自衛権、TPP原発再稼働、消費税等を支持する。原発であれば、最大の問題は地震に対する安全性であるが、この論は必ず避ける。集団的自衛権では、自衛隊を米国戦略に使う事の是非であるがこれは避ける。TPPであれば ,国家主権を侵すISD条項は避ける。どうしてこんな現象が起こるのか。

これを見事に札名するのが、米国の心理学者フェスティンガーが持ち出した認知的不協和論である。

代表的ケースに「喫煙者の不協和」がある。

認知A:Xは喫煙をしている認知B:「煙草を吸うと肺ガン等病気になりやすい」という説がある。

 Xは「煙草を吸うと肺ガンになりやすい」ことを認識しつつ「煙草を吸う」という行動はとりにくい。X の中に「認知的不協和」が発生する。この矛盾を続けるのが困難になる。

Xはこの不協和を除く方法を取る。

 一つは煙草を吸う行動を止めること。

 今一つは煙草を止めるという行動がとれない場合、「煙草を吸うと肺ガンになりやすい」論を否定するように動く。「喫煙者で長寿の人もいる」や「交通事故で死亡する確率の方が高い」という新たな認識を加えることで、「煙草を吸うと肺ガンになりやすい」という認識の重要度を下げ、認識間の矛盾を軽減する。

 この現象が政治の場で起こっている。

 認知A:Yは政府と協調を図るべきという仕事環境にいる。かつ政府は原発再稼働を進めている 認知B:原発で最も危険なものは地震であり、地震国の日本では事故を招く可能性が高い。

Yは「政府と協調を図るべきだという仕事環境にいる」ことを維持する際には「原発は地震で危ない」という認識を下げ努力をする。

 日本の政治家、官僚、経済界、学者、ジャーナリストの上に行けばいくほど何故歪んだ考えを持つかが「認知的不協和論」で見事に解る。

 さて、私は本年大阪の朝日カルチャーセンターで講演を行い、そこで「認知的不協和論」を説明したが、席の真ん前で聞かれていたのが白樫三四郎大阪大名誉教授で、「認知的不協和論」の研究者であった。

 二度目の講演でも、白樫三四郎大阪大名誉教授はまた席の真ん前で聞かれた。

 終わって、フェスティンガー氏のことについて話を聞いた。フェスティンガー氏については、宇沢弘文氏の「『私の収穫』フェスティンガー」朝日新聞 2010年5月7日夕刊がある。

「スタンフォードにいたとき、家が近い故もあって、レオン・フェスティンガーと家族ぐるみでしょっちゅう行き来していた。フェスティンガーは戦後、「認知的不協和理論」を掲げて彗星のようの現われた天才的な社会心理学者であった。

フェスティンガーはまたアメリカ陸軍のチーフサイコロジストとしての役割を果たしていたが、自らの理論が残酷な形で、ヴェトナムで応用されているのを知ったときの彼の苦悩はじつに痛ましいものがあった。

ケネディ大統領が暗殺され、ジョンソン大統領がヴェトナム戦争に全面的に介入しはじめてからしばらくして、フェスティンガーはある日、スタンフォードのキャンパスから姿を消した。魅力的な奥さん、3人の子ども、数多くの友人たち、そしてスタープロフェッサーの地位をすべて捨てて私たちの視界から消えてしまったのである。

ヴェトナム戦争が終わって大分経(た)ってからのこと、日本に帰ってきた私の手もとに一通の手紙がフェスティンガーから届いた。彼は、ニューヨークのニュースクール・フォア・ソーシアルリサーチに一人の学生として入学し文化人類学を専攻した。若い女性と一緒になって新しい人生を歩んでいる。いまはそこで教授をしているという。それから何年か経って、フェスティンガーが亡くなったという報(しら)せを受け取った。彼のカフカ的転身は今でも私の心に重く残っている。」
白樫三四郎大阪大名誉教授の説明が続いた。「フェスティンガー氏はアメリカ陸軍のチーフサイコロジストであったことが重要です。「認知的不協和論」は応用分野がある。ベトナム戦争で、これが悪用された。ここからフェスティンガー氏は社会心理学から距離をおき、次第に文明論全体を語るようになった。自分は彼の授業にも出たがその頭脳たるや、切れ味は凄かった。」

今日、「認知的不協和論」は勢いがない。主導者が身を引いたからだ。しかし、それは説の学問的な是非ではなくて、この説を応用すると極めて危険な状況を権力者側が作り出せることへの疑念からであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リアルタイム市況
FC2カウンター
プロフィール

DNF

Author:DNF
生息地:札幌市
2000年のインターネット証券の登場で即効で
口座作って株始めました。

兼業かたわら、相場の研究とトレードに精をだしていますが、裁量トレードはヘタクソなのを実感したのと精神的につらすぎて、これ高齢になったら続けるの無理なんじゃないかと思い、結局今はエクセルで自作した(なんだかんだで2~3年はかかった。。。)システムトレードと中長期の現物株での配当生活をめざしております。

でもいまだにヘタクソな僕は裁量トレードやって損しまくってます。


株暦長いくせにまだまだ資産的には不十分ですが、相場が好きで好きでたまらないのでトレードは一生確実に続けると思います。

目標は何もしなくても自動的に入ってくるキャシュフローだけで経済的な面で生活できることです。



ここに記載するのはあくまで私個人のデータと見解に基づくものですので、投資取引の推奨するものではありません。
またこのブログに書かれている事は正確であるとは限りませんので投資はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ツイッター
https://twitter.com/DnfHdnet

現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。