スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人と彼等の嘘 目次: マルチン ルター著

ユダヤ人と彼等の嘘 目次: マルチン ルター著

この翻諱は偉大な宗教改革者が、人間関係における世界で最も深刻な問題の一つを取り扱った文書の、
最初にして唯一の英語版である。マルチン・ルター(ルーテル)師がユダヤ問題を取り扱ったといふこ
とは事実上、アメリカ国民から一貫して隠されてきており、この本の出版は、キリスト教的アメリカに
センセーショナルな衝撃をあたえ、それに変化をもたらすことを断言するものである。






この書を読むことはこれまでに出版された本の中でも、もっともセンセーショナルで考えさせる言に触
れることとなるであらう。プロテスタンティズムの開拓者であるルター師によって書かれたこの論文を
出版する者たちは必ずしもこの書物と自分たちが同じ立場であるとして出版するわけではない。この出
版の主な理由は公人にとって、論議するにはもっともデリケートで危険な問題の一つであるユダヤ人問
題についてルーテルがいったことの正確な翻訳を読者に提供することにある。この翻訳は宗教的な仕事
とか、党派的な論文といふことでなされるわけではない。我々が原語でこの本を見つけ出し、その翻訳
の手配にかかったとき、我々は、広範な、様々な方面からの妨害に直面して、驚かされることとなっ
た。2人の翻訳者が脅迫を受け、文章は簡潔であるにも関わらず、かなり劇的な経験を経て、初めて
我々はその翻訳を完成し得たのである。この本の翻訳(作業を経る事)によって、我々は次第にこの書
物を隠されたままに


しておこうとする巧妙に組織された陰謀が存在することを確信するに至った。
ルーテルにとって、ユタヤ人と関わったその経験は彼を失望させるに充分なものてあった。彼はユダヤ
人たちを永年にわたり改宗させようと努力し続けた。聖パウロのように彼はユダヤ人たちに福音を伝え
ようとした。しかし読者もすぐ理解するように、後年彼は、自らのこの方面での努力は全て無駄であっ
たとの結論を付けるのである。

本書は何よりも内容の正確さを尊重する立場から出版される。それゆえ、もしこの書の中に十六世紀、
ドイツの高度な専門的知識を持った研究者の手によって誤りが発見された場合、我々はそれを次の版で
改定する用意がある。この小さい本に封する需要は非常に大きいので我々はそれが数限りなく版を重ね
るのを期待している。我々は誠実なキリスト教徒のあいだにマルチン・ルーターほどの卓越した人物の
著作が彼の数知れぬ崇拝者達の目から巧みに且つ、故意に遠ざけられたままであったという事実に封す
る深い怒りが起こっていることを発見している。

ルーテルの幾つかの言は、読者に衡撃を輿えずにはおかないであろう。しかし、この改革者の言葉に
我々が同意するかしないかではなく、彼が書いたそのままのものを読者に提供すること、これこそが
我々の仕事なのである。

この翻訳は一つの基本的な目的のためになされる。即ち、我々の世代がユダヤ問題に直面した初めての
世代ではないということを知るために。それは、また、第二の目的のために出版される。即ちユダヤ問
題に警戒心を持つという事が、そのままこの問題に警戒心を持つ人間が必ずしも堕落していたり、キリ
スト教精神に反しているわけではないのだという事をあらわすためにである。

(注)疑惑を持つ人々ヘー-この著作がマルチン・ルターのものであるかどうか疑いを抱く人も何人か
いるであろう。本書の原文に関してはワシントンDCにある国会図書館や、幾つかの信頼されるぺきルー
テル派の神学校にあるルーテルの著作集の中に見つけることができるてあろう。すぺての宗派の教恨り
ない聖職者達がこの著作の存在に気付いている。我々が確かめうる限りにおいて、彼らは又本書がアメ
リカで出版される最初の英語版てあるという事実にも気付いているのである。

(注)このルーテルの著書は彼の全著作の最後のものの中にある。ルーテルは六十三才までしか生き
ず、その人生の最盛期に亡くなったのだということを思い起こさねぱならない。

(注)この著作の読者はルーテルのユダヤ人に封する見解がプロテスタントの立場からの必然的なもの
であると結論づけないで欲しい。(実は、この問題に関して)多くのカトリックの教皇達もルーテル師
が用いる言葉程、強くはないとしても、同程度の強さの言葉は使用していたのである。事実、教皇の回
勅によってゲットーが創設され、ユダヤ人と、キリスト教徒社会を分離することがローマから発せられ
た回勅によって開始されたのである。この注の目的は読者に問題は単にプロテスタントとか、カトリッ
クとか、また他のいかなる宗派にもあるのではないということに注意を喚起することにある。すぺての
信仰するものが、ルーテルに同意するかしないかなのである。

私はもうこれ以上、ユダヤ人のことも、ユダヤ人に反封することも書かない決心をしていた。けれども、これらのあわれで邪悪な連中が我々キリスト教徒に打ち勝とうとすることを止めないので、ユダヤ人のかかる有害な企てに抵抗する人々の隊列に私も加わるペく、私はこの小冊子の出版を許し、彼らに封してキリスト教徒が自らの防備を固めるぺく警告を発した。私はキリスト教徒がユダヤ人に馬鹿にされ、ユダヤ人達と彼らの追放と悲惨さを分かちあうようになるとは考えてもみなかった。しかしながら
悪魔がこの世では神である。そして神の言葉の無い場所においては、弱者の間だけでなく、強いもの達の間をも悪魔は容易に航海するのである。神が我々に御加護を輿えんことを。
アーメン

マルチン・ルーテル

主にょる恩寵と平和のあらんことを

親愛なる閣下並びに友人諸氏

私はキリスト教徒と論争を続ける、一人のユダヤ人の論文を受け取った。この論文の中でそのユダヤ人は、聖書-我々はそれを主キリストその御母マリアヘの信仰のために用いるのであるが--の一節を曲解させ、ねじ曲げるというあっかまし示している。彼は我々の信仰の土台をひっくり返そうとたくらんでいるのだ。この事に関し、私はあなた方並ぴに、このユダヤ人に封して以下のごとく解答を与える。

私の目的とするところは、ユダヤ人達と論争したり、彼らが聖書をどのやうに解釈したり理解したりするかを披らから学ぶ事にあるわけではない。私は、既にそれらの事をすぺて知っているからである。ましてや私かユダヤ人を改宗させようなどと考へる事はない。そんなことは不可能なのだ。いたるところでユダヤ人達の間では良い事は何もなく、彼らは一般に悪い状態になっている。

彼らは天罰に関して非常に無関心になっているので、彼らが1400年以上、追放されつづけており、未だ彼らが仮定しているようなその終末とはっきりした救済の期日をわからないでいるという恐ろしいジレンマについて、熱烈
で絶えまない神への叫び声でごまかして意識しようとしないのである。もし、天罰が役に立たないとすれば、我々の話や解釈がなおのこと、役に立たないと思うのだ。

論争することの無益さ
それゆえキリスト教徒は現状に満足し、ユダヤ人と論争してはならない。しかし、もしあなた方が彼ら
と話さざるをえなくなったり、話したくなったときには以下のこと以外にはいうべきではない「ユダヤ
人よ、あなた方の会堂及び司祭たちとともに、あなたたちの王國は一四六○年間破壊されているという
事を知らないのか。われわれキリスト教徒がキリスト生誕後一五四三年に記すやうにこの年は正確には
一四六九年間であり、ヴェスバシアヌスとティトスがエルサレムの神殿を破壊し、そこからユダヤ人を
追ひ払ってから一五○○年が過ぎているのだ」と。
この小さいクルミをユダヤ人に与えて彼ら同士の間で好きなだけそれに噛み付かせ、議論させるとよい
のだ。


神のこのような悪るぺき怒りこそが彼らが確実に誤っており、悪をなしている充分な証拠なのである。
子供でさえ、そんなことは理解てきるであろう。誰も自らの國民をそれほど無慈悲に処罰し、慰めの言
葉も、また、その様な悲惨さが続く期間や期限も示すことなく沈黙を保っているような神等といふもの
を想像すらできない。誰がその様な神を信じ、希望を見出して信頼したいと思うであろうか。それゆ
え、この怒りによって、ユダヤ人は、はっきりと神に拒絶されており、もはや彼らは神の民ではない
し、また、神も彼らの神ではないという結論に達ぜざるをえないのである。ホセア書1ー九「ロアン
ミ、あなたがたは、わたしの民ではなく、わたしは、あなた方の神ではない」。そう、彼らは恐ろしい
ジレンマに入っているのだ。彼らがこうした事に封してどんな解釈をしようと、我々は自の前に我々を
欺く事ができない事態をみているのである。



神の怒りの犠牲
そして、感覚と理性のひらめきのある者は、必ず次のように自ら考える事てあろう。「ああ神よ、事態
は我々にとってよくない。我々の悲惨さは大きすぎる。迫放は長すぎ、過酷すぎる。神は我々を忘れ給
うた」と。
もちろん私はユダヤ人ではない。しかし、私はこの国民に対する神の恐るべき怒りについて考えるのは
恐ろしく嫌な事だ。


私は身震いするが、その考えはわたしのからだと生命の中にしみこんでくる。すぺての偽りのキリスト
教徒と信仰なきものに封する地獄での神の永遠の怒りとはどのようなものなのであろうか。ユダヤ人達
が主イエス・キリストを彼らが望むどのようなものとみなしても別にかまわない。我々はルカ傅二一:
20-23
の成就をみる。「エルサレムが軍隊によって囲まれるのを見たら、その滅亡は間近である。--なぜな
らそれは、書き記されているすぺてのことが成就する報復の時だからである」。




要するに前述の如く、我々の信仰に開してはユダヤ人とあまり論争すぺきではない。子供のころから彼
らは我等の主に封して毒と憎しみを持って育てられてきているので、彼らが自らの悲惨さを通して柔軟
になり、救世主が到来し、それが主キリストであるという事を告白せざるをえないような地点に到達す
るまでは何の希望もないのである。さもなければ彼らと議論するのは概して時期尚早であり、無駄な事
なのである,我々の信仰を更に強めるために彼らの信仰と聖書解釈における幾つかの愚かさ加減を考え
て見よう。なぜなら彼らは我々の信仰をその様な汚いやり口で非難するのだから。それが萬一、一人の
ユダヤを改心させたとしたら、彼は恥じ入ることであろう。恥じ入れば恥じ入る

ほど良いのである。我々はユダヤ人達とはユダヤ人とその行為に関して以外話す事はない。そうした事
については、我がドイツ国民はよく知っているのである。彼らは一つの原則を保持して、それを頼りに
している。即ち、彼らは地上でもっとも高貴な國民の生まれ、アプラハム、サラ、イサク、リペカ、ヤ
コプ等の子孫であるという事である。われわれ(異教徒=ゴイム)は、彼らの目から見ると人間ではな
く、ほとんど虫けらにも値しない。我々はかの高貴な貴族の血統ではないからだと。

これが彼らの主張であり、私の考えでは主要にして最も強固な部分である。それゆえ神は彼らの宗派、
祈り、歌、教義そして全生涯において彼らを苦しめなければならない。そこで彼らは神の御前に立ち、
「彼」を苦しめる。(私は神について人になぞらへて話している。)神は異教徒から彼らを分離した事
で、また聖なる父達の子孫たる事を彼らに許した事で、更にまた、神御自身の神聖な民として彼らを選
んだ事等々で、彼らがいかに自らを高みにおき、神を誉めそやしているか、その声を聞かねぱならな
い。そして父祖達の血筋と子孫である事を自慢する事には際限がないのである。

彼らの自己を正当化する大言壮語
彼らの、うわ言のような気違いじみた無意味さが完壁であるために、彼らは神を讃美し、次の事に感謝をささげる。第一に彼らが人間であって勤物ではないといふ事に。第二に彼らがイスラエル人であってゴイム(獣)ではないといふ事を。三番目に彼らが女としてでなく男として創造されたことを。かかる馬鹿げた行為を彼らはイスラエルから学んだのではなく、ゴイムから学んだのである。というのは、仮にこのような冒涜と涜神の行為とが神の讃美と言われ得るとすれば、ギリシャのプラトンもまた毎日同様な、神に対する讃美と感謝とを捧げていたと歴史家達は記しているのであるから。プラトンは次の三点において神を賞美していた。即ち、彼が人間であって動物でない点、男であって女でない点、ギリシ
ャ人であって野蛮な非ギリシャ人でない点である。こうしたものこそが愚者の祈りであり、神を汚す野蛮人の讃美なのである。
誰も彼らがイスラエルの血統及ぴ種族である事について大言壮語するのをやめさせられない。、旧約聖書によれば、そのため彼らは多くの戦闘で敗れてきた。(ユダヤ人達は誰もこの事を理解できない。)すぺての預言はその故に彼らを叱責している。なぜならそうした事は魂と信仰をぬきにした誇りと現世的な憶測にすぎないからである。



悪魔の子供達
我々の主は、また彼らを「毒蛇ども」と呼ぴ給うた。ヨハネ傅八-三九「もしあなたたちがアプラバムの子孫であるなら、アブラハムの行ないをなすはずである」。八-
四四「あなたたちはあなたたちの父、悪魔に作られた者である」彼らが悪魔の子供達であるという事は、彼らが現在でも未だにそのような呼ばれ方に耐える事ができないように、かれらにはとても耐え難い事であった。というのは、もし彼らがこのよりどころ(アプラハムの子孫であるという)を示さねばならないとするなら、全て彼らが築いたものは崩壌し、違ったものになってしまうからである。

もし神がユダヤ人達に封して慈悲深くあるぺきだとすればユダヤ人達はまづ彼らの宗派から、彼らの心から、彼らの口から、すぺての涜神的な祈りと歌、そして彼らの血統に関する大言壮語や高慢さをなくしてしまわねばならない。かかる祈りこそがユダヤ人に封する神の怒りを絶えず増大させているのであるから。しかし彼らは決してそうすることはなく自らえへ目になることはないであろう。神が与え給う
筈の彼らへの悪るぺき絶減から特別にお救いになろうとするほんの数名の者を除いては。



自分達を高みに置く
ユダヤ人達が自分達を他の民族より高い位置におき、他の民族を軽蔑する際にその根櫨としているのは、彼らがアプラハム以降、割礼を行っているという事である。その故に、我等異教徒はその宗派、祈り讃美歌、そして教義においてどんなに災難を被らねばならないのだろう。我等が割礼を為さぬがゆえ
になんと我等軽蔑さるぺき國民は、彼らの鼻の前で醜くも悪臭を発しているのであろうか。
その中では彼らユダヤ人達は、すぺての異教徒達の前で主人ぶった尊大な様子に描かれている。というのはユダヤ人達はいつでも邪悪な偶像崇拝や誤った教義を実行し、割礼を受けていない心を持つ、まさにその様な民族なのであるから。それゆえ、モーゼ自身及びすぺての預言者達はその事を嘆き悲しんだのである。しかし彼らは
同時に、神を喜ばせようと努力し、それゆえ預言者達を殺害したのである。

聖書が、いたるところで証明しているように、彼らは預言者達の説教や教えや叱責によって自分達の邪悪な心を善きものにしようなどとは金輪際考えない、罪深く高慢な国民なのである。それでも彼らは神の召し使いたらんとし、神の御前に立とうというのだ!

彼らは今日にいたるまで自らの高貴さと血筋を自画自賛する以外、何もできない。彼らは自らの宗派、祈祷、教義において自分達だけを讃美し、全世界を罪あるものと宣告する。しかし彼らは自分達が神に最も親しい子供達として神の御前に立っていると勝手に想像しているだけなのである。

嘘つきにしてしつこい犬
彼らは本当の嘘つきにしてしつこい「いぬ」である。彼らは聖書の全ぺ-ジを始めから終っわりまで彼
らの解釈で絶間なく曲解したのみでなく、それを偽造したのである。ユダヤ人達の切望とため息のすぺ
てがいつの日か我々異教徒を、彼らがかつてエステルの時代にペルシャで異教徒を扱ったと同様に扱い
たいという所に向けられているのてある。ああ彼らはなんとエステル書を偏愛している事てあろうか。
その書は彼らの血に飢えた、執念深く残酷な欲望と希望とをまことにすばらしくも肯定しているのてあ
る。自分達を神の民と妄想し、異教徒を殺し、押しつぶしてしまいたいと望み、またそうせねぱならぬ
と考へている彼らユダヤ人達ほど血に飢え、執念深い人達の上には、太陽が輝く事は決してなかったの
である。彼らが期待する彼らの救世主の主要な約束は神が彼らの剣によって全世界の人々を殺害する事
なのである。彼らがまづ我々キリスト教徒に封して示したように、もしできさえすれば、彼らは、しば
しばそうしようと試みて、繰り返し自分達の鼻先をこっひどく叩かれてきたのである。

つまり彼ら自身の欠陥と高麗礼的なプライドとを暴露している。

(ルーテルはここで割礼に加えて、ユダヤ人達が自慢する多くの文献を列挙している。寄せ集め的な法
文集とそれに基づくユダヤ的独善性、そしてユダヤ民族が信仰から外れており不信心で邪悪である事を
嘆く聖書の中の多敷の文章を引用し、その上で悪魔をユダヤ人と比ぺて語っている。)

異教徒より邪悪な者達
もしユダヤ人達が神の戒律を持たず、またそれを知らなかったとしたら、どんなに彼らにとって、まし
な事であっただろう。なぜなら、もし彼らがそれを持っていなけれぱ彼らは有罪を宣告される事はなか
ったからである。彼らは神の戒律を持っていながら、それを守らぬばかりか、絶間なくそれに反逆して
行動するが故に呪われているのである。
(ただ知っているだけなのである)

こんなことが成り立つなら、もし例えば、殺人者、売春婦、泥棒、ならず者達、そしてすぺての悪人ど
もは、もし彼らが神の言葉を持ち、神を恐れ、従ふぺきである事を知り、神を愛し、彼に仕え、神の御
名を構ヘ、殺人や不倫を犯すぺきでばない事を知っている等々であるなら、(知っていると言うだけ
で)これらの者共が目分達は神の神聖にして選ばれた人々である等と公言しても良い、というのと同じ
事になってしまうのだ。

しかしながら披らは現に罪を犯しており、呪われているのだから彼らがたえへもっとも神聖にして正し
いところの神の言葉を新有しているとしても、これら悪漢どもがそれに反して罪を犯しているという事
には変わりはないのである。それなら、ユダヤ人達と同様、これら悪党どもに、神は神の律法を通して
彼らを神聖化し、彼らを神の特別な民として選抜なされたという事を、すぺての諸国民の前で彼らに自
慢させようではないか。ユダヤ人達が自らの宗派を自慢し神が神の律法を通して彼らを浄化して神の選
民と為し給うたことで、神を賞美し感謝を捧げている時、一方では彼らは自分達がそれらの戒律などま
ったく守っておらず高慢と妬み高利貸し、貪欲、そしてすぺての卑しさに満ちているという事をよく承
知しているのである。そしてまた、彼らは何よりも祈祷において敬虔にして神聖にふるまう者達ではあ
るのだが、彼らユダヤ人達の栄光もまた前述の悪党共の栄光と同じ事になってしまうのである。彼らは
高利賃しを行うのみならず、(私は今は彼らの他の悪徳についてば黙っていよう。)高利貸しを神がモ
ーゼを通して彼らに命じ給うた権利として教えるほどに盲目であり、この点に関しても、彼らは他の場
合と同様ひどいやり方で神について嘘を述べへているのであるが、これについて今は詳細に述ぺる余裕
はない。


彼らは十戎を愚弄する。神を馬鹿にする
もし十戒が守られないのであれば、他の戒律など守ったとしても、それは神を患か者の如くに扱う詐欺
師かぺてん師以外の何者でもない。

それは、あたかも悪魔の統領が、祭司か牧師の衣装をつけて我々の間を歩き回ったり、その様な方々の
すぺての戒律や生き方を順守するかのようにふるまっているのと同様である。しかしながらその様な精
神の面での粉飾の下に真の悪魔、オオカミ、教会の敵冒涜者が居り福音も十戎も、ともにふみにじり、
呪いそして非難しているのである。神の御前てそれは何と素晴らしい聖人ではないか。あるいはもしこ
の世で、一人の美しい女性が慎み深いしとやかさと純潔さに満ちたマナー、公正さ、立居振舞をしなが
処女である事を示す花飾りをつけてそぞろ歩いていたとしても、裏では十戎に背く淫らで恥づぺき売春
婦であったとしたら、たとへ彼女が見える所では純潔の公正さや振舞いを守ったとしても彼女の素靖ら
しい従順さはいったい何の役に立つのだろうか。彼女はだらしのない公娼達の七倍も軽蔑されるという
結果になるだらう。

このように神は、彼らが外見は戒律と高潔さの様子を示しながら、
あらゆる種類の偶像崇拝と邪悪な行いをしているので、神の預言を送ることにより、常にイスラエル人
を卑しい売春婦と叱ったのである。特にホセアが二章四、五で嘆いたように。「私はその子らを哀れま
ない。彼らは淫行の子等だからである。彼らの母は淫行をなし、彼らをはらんだ披女は恥ずぺき事を行
った。彼女は言う。『私は我が懸人達についていこう。彼らは私にパンと水、羊の毛と麻と油、そして
飲み物を与える』と」乙女や女性が敬虔かつ清潔で見苦しくなく装い外見上、慎ましやかに振舞うを見
るのは、実に素晴らしい事である。しかし彼女がもし、売春婦であるならその(すばらしい)衣装、装
身具、花飾り、そしてアクセサリーは、ぬかるみの中の雌豚が身につけたほうが、より、まともにみえ
る事てあろう。ソロモンが言うように「きれいで馬鹿な女は、雌豚の鼻の上につけられた黄金のモール
のようである」。

親愛なるキリスト教徒よ、こうした事から盲目のユダヤ人どもが貴方たちを誤り導くのを黙認する時に
は、自分達が何をしようとしているのか、よく気を付けるぺきである。このような場合には一つの諺が
確かに成り立つであろう。すなわち、「盲目の者が盲目の者を導くなら、両者とも、堀に落ちるであろ
う」という諺が。それ以上のことで彼らユダヤ人から学ぶものはない。神の戒律を知らず、それでも異
教徒達に封し高慢で居丈高になる。神の前に出るなら、異邦人のほうがまだましである。何故なら、彼
らは神聖さに関してそんな高慢さを持っていないが、しかしおごり高ぶる聖人達や罪深い涜神の者や嘘
つき者どもより、はるかに律法に適ったことを為すからである。

彼らの宗派は、悪魔の巣窟である
それゆえあなた方はユダヤ人達に封して警護を固め、次の事を知るぺきである。即ち、彼らが集いを持つ場所は悪魔の巣窟以外の何者でもなく、そこでは自分違を自ら讃美し、虚栄、うそ、冒涜、神と人間に恥辱をもたらすといったことが、悪魔がなすのと同様に、最も強烈にして、最も有害なやり方で実行されているのだと言う事をである。

ユダヤ人違が説教している所で聞くということは、それがどこでも、「一にらみで人々を傷つけ殺害した、危瞼なバシリスク(中世の傅説)」が話すのを間いているのと同じ事であると、あなた方は考えねぱならない。

神の怒りを通して彼らは自分達を自慢する事、虚栄、神に偽りを言う事、すぺての異邦人を呪う事、等のすぺてが正しく、そうした事が神への偉大な奉仕であり、この様な高貴な父親の血筋と割礼した聖人にふさわしい事なのだと信じるよう教えられてきた・(たとへ彼らが甚だしい悪徳の中にあって、他の鮎でどんなに自分達を卑しいと思ったとしても)彼らはこうした事によって神の加護が輿へられてきたと考えているのてある。彼らを監視せよ!

彼らは自分達がカナンの地、エルサレムの町、神による神殿を所有していた事を自慢する。神が、その様な高慢と虚栄とを何度も覆しになったにもかかわらずに。とりわけバビロンの王--彼はユダヤ人を遠くへ連れ去ったのだが--を通して、以前にアッシリア王が彼らを遠く連れさり、全イスラエル人を殺害したのと同様、ユタヤ人の殺害へと導いた。


そして、最後には彼らユダヤ人達はローマ人達によって根こそぎ移住を強制され、荒廃させられた。かうして一四○○年前、彼らは、いかに神が彼らの国家、町、神殿、聖職者、そして君主に配慮を示されなかったか、また今後も
重視しないことを理解した。ところがイザヤがかつてこう呼んだように(彼らの)頑な首は頭を下げる事もなく、鉄の額は恥じ入って赤くなる事もなかった。彼らは絶えず強情で、頑固で、盲目で、ものに動じることがないままである。そして神が再ぴ故郷へ連れ戻しになり、彼らに全てのものをお返しになる事を望んでいるのである。


悪魔にとりつかれた者
ユダヤ人達は自分達が神の戒律を守るという目的の為に、神にすぺての物を与えられているのであって、それ故にこそ自分達が神の民、集会の民と呼ばれているのだという事を理解しようともしないし、聞こうともしない。彼らの血筋と高貴さに関しても、神は、神の戒律を彼らに守らせる為にこそ彼らを選んだにもかかわらず、彼らはその事をわかろうとせず考慮しようともしないで、ただ自らを自慢するだけなのである。彼らは割礼を自慢する。しかし、彼らが割礼を受ける目的--神の戒律を守るという
事--は彼らには何の意味もないのである。彼らは自分達の法律、会堂、宗教儀式、町、田舎、そして國家を自慢する。しかし、彼らは、自分達が戒律を守るという目的の為にこそ、それらを所有させてもらっているのだという事をすっかり忘れているのだ。悪魔はかかる民族にこそ彼の全ての天使達と共にとりつきつづけているのだ。彼らは目にみえるもの、自分達の才能、業績、行為等を常に自慢する。
そうした事は中身のない空っぽの「見せかけだけのもの」を神に棒げるのと同じなのである。神はそうしたものを神にささげる民族である彼らのために、彼らを神の民とし、すぺての異教徒に優先して彼らを賞賛し、祝福する。しかし彼らは神の戒律を守らねばならないし、自らの神として神を守らねばならない。ところが、その事を彼らは受け入れようとはしないのだ。モーゼの次の言があてはまる。

「彼らは
私を神と見なさず、それゆえ私は彼らを私の民とは見なさない」。これはホセア書1-九にも言はれている事てあるが、もしエルサレムの民が離れ離れに引き裂かれて彼らの土地から追い立てられるのを、神が許さずに以前と同様に、彼らに土地を保持させていたとすれば、誰もユダヤ人達が神の選ぱれた民で
はないと彼らを説得する事などできはしなかっただろう。何故なら彼らはその邪悪さ、不服従、強情さにもかかわらず、未だに会堂、町、田舎、を保持しているからである。
たとえ多くの預言者が叫ぴ、澤山のモーセ達が立って「汝は不服従であり、反抗的であるゆえに神の民ではない」というとしても。

離散せられ、一五○○年聞拒絶された後の、現在でさえ、彼らは自からが神の選ばれた民であるという、異常な夢のような、高慢きわまりない考えをあきらめきれないでいるのである。彼らは依然として自分達の利益の為に、故郷の地に戻る事を望んでいる。しかし、彼らが自分達の勝手な想像によって、聖書の中に塗りたくっておいた言葉以外には、彼らがせめてもの慰めとして頼れる約束は何もないのだ。かくしてユダヤ人達はわがままを言い続け、また意識的に過ちを犯したがっており、彼らのラピ達を見限ろうともしない。それ故、我々もまた、彼らが有害な冒涜を犯し、嘘を付くのてあれば彼らをそのままに放置し無視しなけれぱならない。



聖書に関する偽り
私はまた以下のような経験を持つ…
我々がウイッテンペルグで、ヘプライ語を読み始めた事を知って、三人の学識あるユダヤ人が、私を新しく来たユダヤ人ではないかと期待して私の所へやってきた。彼らはまた我々キリスト教徒が彼らの書
を読むので、事態はすぐに改善されるだろうなどと偽りを言っていた。
私が聖書のテキストに基づいて解釈するよう、彼らに
迫ると彼らはテキストを放り出し、ちようど我々が牧師や博士達の言葉を信じなければならないのと同様に、彼らはラビを信じなけれぽならないのだといった。それで私は彼らがかわいそうになり、彼らがキリストの為に、安心してたどって行く事がてきる案内書を推薦した。後になって私は、彼らがキリストを「トーラ」即ち、吊下げられた犯罪人と呼んでいるという事を知らされた。それで私は、いかなるユダヤ人とも関わりを持つ気が全く無くなったのである。聖パウロは、彼らが天罰にさらされていると言っている。

あなた達が彼らを助けようとすれぱするほど、彼らはより邪悪で、頑固になって行くので
ある。彼らを彼らだけにして放っておこう!この後聖書からの澤山の立証が続く。それらは細かい神学上の、科学的な、それ故一般には理解が困難な引用である。それらの文章は力強く、ルーテルのドイツを良く表わし、とびきり先駆的な形で核心を突いた発言をしていると言える。ここには、その分量の
多さ故に載録する事ができない。珠玉のやうで、感動的な聖書の章句の引用の中からここにはただ以下の文のみを引用する。ハガイ書二章六節、七節「萬軍の主はこう言われる、しぱらくして、いま一度、
私は天と、地と、海と、乾いた地とを震う。わたしはまた寓國民を震う。寓國民の財宝は入って来て、私は栄光をこの家に満たすと、萬軍の主は言われる」。(「萬囲民」は「異教従」に等しい。)

ユダヤ人達はその寺院がまだ立っていた特代に救世主がやって来た事を否定し、その神殿崩壊後一五六八年も彼らが待ちつづけているように、救世主は依然としてこれからやってくるだろうと主張するのである。しかし、それはもはや、こんなに「長い期間」いまだにその時期がわからない以上、「少しの間
に」等とは呼ぺない事なのだ。

彼らの救世主、金と銀
彼らの救世主は決してくる事はないだらう。といふのは、かれが「少しの間」おいでにならない筈のこ
とが、大変に長い期間になってしまっているのであって、この事は決して何も起こらないという事なの
である。なぜなら、預言は「少しの間」といっているのであって、「長い期間」とは言っていないのだ
から。

しかし、彼らはそれを、以下のような方法で言い逃れる。つまり彼らは「少しの間」を否定できないの
で、「諸国民の欲望」ヘプライ語でヘムダートという表現をとってそれを抑えつけるのである。その言
葉が「救世主」を意珠せず異教徒のすぺての金銀を示しているというのだ。何故なら文法書によれば、
「ヘムダート」といふ言葉は異教徒の望むものとか愛するものというように、本当に「何物かへの欲
望、愛」を意味するのだから。そして今や、この文章は次のように読む事ができるだらう。「ほんの少
し後には、すぺての異邦人達の欲望が姿を表わすであろう」。一体これは何なのか。異邦人達は何を望
むのか。金、銀そして宝石を。あなた達は、ユダヤ人達がなぜこのような解釈をこの箇所に挿入したの
かを聞きたくなるかもしれない。私は次のように言おう。「彼らの吐く息は、異教徒の金や銀に飢ゑて
悪臭を放っている。太陽の下にいるいかなる者も、高利貸しという呪われた業によってわかるように、
ユダヤ人達ほど貪欲な者はかつていなかったし、現在も、そしていつの世でも存在しないだらうから。
彼らは又、次のような事に満足を見出している。「救世主がやってくる時、その方は世界中の全ての金
と銀を所有し、それをユダヤ人の間に分配するであろう」。かくして彼らが飽く事を知らぬ貪欲へと聖
書をねじ曲げる事ができる所ではどこでも、ユダヤ人達はよこしまな事にそうするのである。あなた方
は神と神の預言は、ユダヤ人達の計り知れぬ貪欲がいかに異教徒達の金銀によって滞足されたかという
事以外には何も預言しなかったのだと思うであらう。子供のころから、彼らは両親及びラピ達から、
「ゴイム」(異教
徒)に封するこのような有害な憎しみの言葉をむさぼるやうに吸収し、いまも休みなく吸収しており、
詩編一○九篇によれば、それは彼らの肉体と血液、骨と骨髄の中にまで浸透しつづけて来ており、彼ら
の生命と存在そのものになっているのである。そして、彼らが肉体と血液、骨と骨髄をほとんど変える
事がてきないのと同様に、彼らは、このやうな高慢と妬みを変える事ができない。神が特別の奇跡を起
こさぬ限り、彼らはただそんな有り様のままでいて、破減して行くしかないのだ。



強い敵意を持つ有害な敵
我が親愛なるキリスト教徒よ。それ故、心よりユダヤ人たらんとしているユダヤ人ほど敵意を持ち有害
で強力な敵は、悪魔以外には誰もいないといふ事を知らなければならない。彼らの内には午やアヒルが
信じる事を信じる者もいるかもしれない。しかし、彼ら全員が、彼等の血と割礼の信仰の中に包まれて
いるのだ。それ故、歴史上彼等はトレントやワイセンシー等におけるが如く、しばしぱ井戸に毒を投げ
込み、子供違を誘拐、殺害したとして有罪を宣告されているのてある。もちろん彼らはこれを否定す
る。しかしながらそれが事実であるにせよ無いにせよ、もし彼等が秘密であるにせよそうでないにせ
よ、そうした事を行動に移す事が可能な場合には、彼等には、それらの事をなすのに十分用意のできた
意志があるという事を私はよく承知しているのである。こうした事をしっかりと知って欲しい。そし
て、それに従って行動して欲しいのだ!時折、彼等は何か善き事を為すかもしれない。しかしそれはあ
なた達への愛によるのでも、あなた達の福利の為になされるのでもないという事をよくよく承知してお
かねばならない。我々のあいだで住んでいける余地を手に入れる為に彼等は当然何かをしなければなら
ないだけなのだ。しかし彼等の本心は私が概に述ぺたごとくであり、また依然としてそうであり績けて
いるのだ。あなたは私の言う事を信じたくないのか。それならリラ、プルゲン、そして、その他の高潔
で信頼できる方達の書物を読んで見て欲しい。萬が一にも彼等がその事を書いていなかったと仮定して
も、聖書は蛇と女性といふ二つの子孫が他の誰よりも、キリスト教徒と封立しており、神と悪魔の間に
はいかなる妥協も存在しないという事を明らかにしている。こうした事は彼等の著書や祈祷書にもま
た、粗野な形で描かれている事なのである。

悪魔を知らぬ者は、なぜ彼等が他の誰よりもキリスト教徒に封してそれ程までに敵意を抱くのか不思議
に思うであらう。私達は彼等に封し善行のみを施すのだから、彼等がそうなる何の理由もないのだ。彼
等は我々の祖国で、私達の庇護の下に住んでおり、土地や公道を用い、市場や街を使用している。

王侯や政府は、みすみす傍観し、いびきをかき、口を空けたままでいるので、彼等の財布やたんすから
ユダヤ人達が思いのままにとったり盗んだり、奪いとるのを許しているつまり王侯や政府は自ら及ぴ臣
下の者達がつけこまれ、スッカラカンになるまで吸い取られ、自分達自身の財宝で乞食にさせられてし
まうという事態を許しているのだ。というのは、ユダヤ人達は外国人として、間違いなく何も持ってい
る筈が無いのである。彼等が現在所有している物は確実に我々の物であるに違いないのだから。彼等は
働かず、働いた報酬を我等から得たわけでもない。また我々が彼等にそれを寄贈したわけでも、与えた
わけでもない。それにもかかわらず、彼等は我々の金銭や財宝を所有し、亡命先である我々の国で主人
となっているのである。

もし盗人が一○グルテン盗めば、この者は絞首刑にならねばならない。もし彼が街道て略奪を行えば、
彼の首ははねられてしまうのだ。ところがユダヤ人となると彼等が高利貸しによって一○トンの金を盗
んだ時でも、神様よりも大切に扱われるのである。


密かにユダヤ人達は、我々クリスチャンを呪う
そして顕著な特傲として、彼等は自分達の間で次のように言い合う事で彼等の信仰と我々への激しい憎
悪を強めているのである。「いかに神が我等と共にあるか、そして流浪の身である我々を見捨てていな
いかを見守り続けよ。我々は働かず、よき怠惰な日々を満喫している。そして、呪われたゴイムは我等
の為に働き続けねばならない。我々は彼等の金銭を手に入れる。それ故我等は彼等の主人であり、彼等
は我々の召し使である。イスラエルの子供達よ、事態は更に善くなって行くであろう。もし我等がかく
の如くし続け異教徒達の「ヘムダート」(ヘプライ語の欲望、財産)を高利貸しによって我々のものに
して行くなら、我々の救世主がやって来られるであろう」と。これら全てが我々が彼等を保護している
間に彼等から被っている事なのである。彼等は、かくの如く我々を呪っているのだ。

一歴史的な聖書注解の長い論述の後で、ルーテルがこの時代において既にタルムード及びシュルハン・
アルクを知っていた事がわかる、大変輿味深い一節が続いている。この事が、ルーテルのユダヤ問題に
対する変化を説明するのである。ー

ユダヤ人達のタルムードやラビ達は次のように著述しなかっただろうか。もしユダヤ人が異教徒を殺害
したとしても、殺す事は罪ではない。しかし彼がイスラエルの兄弟を殺すならそれは罪である。もし彼
が異教徒に封して彼の警約を守り続けなかったとしても罪ではない。それ故異教徒から盗んだり略奪し
たりする事は(彼等が高利貸しにおいて為すのと同様に)神聖なる仕事なのである。というのは彼等は
自分達が高貴な血筋であり割礼を受けた神聖なる人間であり、一方我々は呪われたゴイムであるが故
に、我々キリスト教徒に封し罪深くあり過ぎるという事は決してあり得ないという風に考えているので
ある。そして彼等は世界の主人であり、我々は彼等の召し使、そう、彼等の家畜なのである。

要するにラビ達が彼等に教えたように、そしてまた福音書の著者達が我々に告げたようにユダヤ人達
は、父母を祝福する事に関する第五の戒律を廃止したのである。(マタイ伝一五:六「あなた方は『父
又は母を敬わなくてもよろしい』と、言っている。こうしてあなたがたは自分達の言い伝えによって、
神の言葉を無にしている」。また、マタイ伝二三:一三(「偽善な律法学者、パリサイ入達よ。あなた
がたは、わざわいである。あなたがたは天国を閉ざして人々を入らせない。自分も入らないし、入ろう
とする人々を入らせもしない」マタイ伝五:二八(「しかし私はあなた達に言う。誰でも情慾を抱いて
女を見る者は、心の中で既に姦淫をしたのである」)も、言うに及ばぬ事である。彼等は何と十戎を狡
滑に説教し解釈した事であろうか!そして彼等は神殿の中にお金の両替所や商人及びあらゆる種類の貪
欲な商取引を持ち込んだ。それは主キリストが彼等は神の家を盗賊の巣となしたといった事である。神
が御自身のお住まいを盗賊の巣と呼ぱねばならぬとはなんと名誉な事であろうか。何とそのお住まいは
栄光に輝く事であらうか。今やあなた達自身で思い描いてみると良い。何故なら非常に多くの魂が貪欲
で偽りの教義、即ち二重の偽善によって殺害されたのであるから。

こんにちまで、ユタヤ人達はこのような教義にしがみつき、彼等の先祖達と同様に振舞っている。可能
な所ではどこでも、そして彼等の子供達に教え続けられる所ではどこでも神の言葉を曲解し、貪欲で、
高利賃をし、盗み、殺人を犯している。

異教徒の哲学よりも邪悪なタルムード
異教徒の哲学者や詩人達は神の統治や来世についてのみならず、現世の美徳についてはるかに、より立
派に著述している。キケロや、彼に似たような人々によって示されたように、人間は生まれつき、他者
に奉仕しなければならないし、

敵に対しても約束を守り、特に必要な時には、彼らに対して、誠実で役に立たねばならないと彼らは記
述しているのである。

さて、私は三つのイソップ物語の中にはタルムード主義者やラピ達のすぺての著書の中によりも、そし
てユダヤ人達の心の中にこれまでに育まれる事ができたすぺての物よりも、さらに多くの知恵が存在し
ている事を主張したいと思う。人は私が少し言い過ぎていると思うかもしれない。しかし、私はいいす
ぎどころか、あまりにも少ししか言っていないのだ!と言うのは私は、彼等がいかに我々ゴイムを彼等
の著書の中で呪い自分達の学校や礼拝の場において、我々に災いがふりかかる事をどれほど望んでいる
か、良く理解しているからである。彼等は高利貸しによって、我らの金をかすめとり、可能な場所では
どこであっても我々をあらゆる種類の策略にかけるのである。何よりも悪い事は仮等はこの点において
そうする権利を持っていると確信しており、うまくやろうとしているという事である。っまり、彼等は
自分達がそうすることで神に奉仕していると思っているのであり、また彼等はそうした事がなされるぺ
きだと教えているのである。



悪魔自身、そして悪魔が取りついているもの--ちようどユダヤ人のように--以外に、いかなる異教
徒もそんなことはした事はなく、また、これからも誰もそうすることはあり得ないであろう。減多に起
こらぬ事なのだが、博識なラビで、神の恩寵によりキリスト教徒となったブルゲンシスは自分達の宗派
において彼等がキリスト教徒を恐ろしいほどに呪っている(リラも記しているように)といふ事実に心
動かされ、この事から時分達は神の子ではないといふ結論に達した。何故なら、もし彼等が神の子であ
るなら、彼等は捕囚されたユダヤ人達がバビロンで振舞ったのと同様に振舞う事であろうから。即ちエ
レミヤはこの人達に開して次のように記してい

る。「汝等を捕囚している都市の王の為に祈りなさい。彼等の平安は又汝等の平安なのだから」。しか
しながら我が下劣でにせ者のユダヤ人達は彼等が可能な所ではどこても、そして彼等にできる事であれ
ばなんでも、何の理由もなしに我々を呪い、憎み、害悪を与えねばならないと考へているのである。だ
から彼等が神の子ではない事は確賞な事なのである。この点に開しては後に更に述ぺる事としよう。


彼等はィェスの御名を冒涜する
(偽りの名でイエスに対する自分達の憎しみを隠し持っているユダヤ人のすれっからしなやり方に対す
る諸論述は、大変興味深いものがる。ここには次のように言われている。

それ故に彼等はイエスの御名を扱ふ。」Jesusはへブライ語でば「治療士」または「救済者」を意味す
る。古いサクソン人は「Heirichi」またば「Hiprichi]
という名称を用いた。それは我々が現在「Helprich」と呼ぶイエスの古い御名のように聞こえる。しかし
ながらユダヤ人達は故意にねじまげて彼を「Jesu」と呼ぶ。それha
ヘブラィ語ては名前でも言葉でもなく、単なる3つの文字か、数字か、暗号でしかない。そ普あたかも
私がCLUとい書を数字と見なし、CLUを一五五であるとするようなものである。(CLU:ローマ字では
C-一○○、L-五○、Vー五 = 一五五。VとUは語源的には同じである。)かくしてかれらはイエス
を三一六と呼ぶのである。その様な数字はNebel Borikを意味するもう一つの単語を引き出させるといわ
れている。この点について読者はァントン ニルガリタムの著書においてょり多くの事を学ぺるであろ
う。




ユダヤ人達はそれらの教字や単語をつかって何という悪魔的な所業をなしている事であろうか。彼等は
我々キリスト教徒を同様のやり方で扱うのである。我等が彼等を訪問し、彼等に迎え入れられた時、彼
等は「神があなたを歓迎する」。(ドイツ語ではGot wilkommen)という言をねじ曲げて「Shed wil kom
」これは即ち「悪魔よやってこい」又は「悪魔がやってくる」である。我々がヘプライ語を理解できな
いのを良い事に彼等はひそかに我等に封する呪いを実行しているのである。つまり、ユダヤ人達が
我々を地獄とすべての吹こうの炎で呪っているのに、我々は彼らが友好的なのだと思っているわけであ
る。


彼等は処女マリアを売春婦と呼ぶ
かくして彼等は彼(イエス)を売春婦の子と呼び、彼の母マリアを売春婦と呼ぶ。彼女はイエスを鍛冶
屋との不倫のうちに産んだとするのである。まことに不本意な事であるが、私は悪魔と闘うために非常
に粗野な言葉を使わねばならない。彼らが単なる憎悪とわがままでこうした嘘をつくのは、ただ彼らの
哀れな若者や軍純なユダヤ人達がイエスの教義(それを彼等は否定できない)を受け入れてしまわぬよ
う、我等の主に封する偏見を彼等に抱かせるためなのである。

サバスティアヌス ムエンスターもまた彼のBibliaの中で、聖母を「マリア」と呼ばず、「ハリアHaria
」つまり泥の山と呼ぶ有害なラビがいるといわれると指摘している。そしユダヤ人達が彼らの仲間内だ
けでなしている私達が知らない、もっと多くのことを誰も知る事はできないのである!

(ルターは救世主やバーコハブについての入念で科学的な議論においてユダヤ人的性格、彼等の著書、
願望に開する彼の博識の完全さを示し、最後に、いわゆるキリスト教徒の中ての、「捕囚」の問題に到
達する)
彼らが我々の内部に捕囚された事を嘆くのはなんとすばらしくひ
どい嘘であるかを良く知っておいて欲しい。エルサレムは一四○○年以上前、破壊された。それ以来、
我々キリスト教徒は世界中でユダヤ人によって苦しめられ、迫害を受け続けたのである。おょそ300年
近くにわたって(上記のごとく)ずっと彼らはキリスト教徒を捕獲し殺害したと訴えるのは正富な事な
のである。その上、今日にいたるまで我々はどんな悪魔が彼等を我々の国へ連れ来たったのか知らな
い。我々が彼等をエルサレムから連れてきたわけではないのだ!

これらすぺてに加えて、誰も彼等を今日において拘束しているわけではない。土地も公道も彼等には開
放されている。彼等がその気になればいつでも自分達の国へ移動できるのである。我々は彼等から自由
になるために彼等に一つのプレセントを付け加えたい。彼等は我々の国にあって疾病やペストそして災
難以外の何物でもない、我々にとっての重い荷物である。ある人間が自らの家の中である者に我慢でき
ぬ時読者はそ奴を捕らえられていると呼ぶであろうか。彼等はなぜ我々キリスト教徒を我々の国の中で
捕囚の身とする事ができるのだろうか。仮等は我々を鼻面に汗して働かせ、一方、自分達は暖かいスト
ーブの後ろに座っていて金や商品を所有している

のであろうか。なぜ彼等は怠け者の大食漢や大酒のみで、我々が働いた財貨で安穏かつ裕福に暮らし、
彼等の呪うぺき高利貧しによって我々及ぴ我々の財産を略奪するのであろうか。なぜ彼等は我々を嘲
り、我々の上につばをはきかけるのてあろうか。何故なら我々は自分達の犠牲において働かねばなら
ず、彼らが貴族であるのを許さねばならないのだから。かくして彼等は我々の王であり主人なのであ
る。我々は自らの財産と汗と労働を以て彼等の召し使なのである!

そして彼等は我々に感謝し、報いんが為に我らの主を呪っているというわけなのである!
彼等は我々の富をつかって我等を奴隷とする。
こうしたやり方で悪魔が我々キリスト教徒の間に自分の天国を持つ事ができた時には彼は笑い踊るので
はないだろうか。そこでは彼の使徒であるユダヤ人を通して悪魔は我々の所有物をむさぼり食らい、
我々に感謝して我々の口と鼻を満たし、神と人間を冒涜し呪うのである。彼等がダピデ王やソロモン王
の下でのエルサレムで自分が所有していたものは、我々の下で日々盗み略奪しているほどではなく、こ
れほどに良き日々を享受する事はできなかったのである。

それでも彼らは我々が彼らを捕囚していると文句をいうのだ。そう我等はユダヤ人達を所有し、捕囚し
ている。丁度私が自分のリューマチや「肺病」や、他のすぺての病や不幸を持ち続けたいように。誰が
自分の持つ金や財産やすぺての物を持参して迄貧しい召し使として待っていなければならないのか,私
はそれらの災いがユダヤ人とともに、そしてまた彼等と一緒に居たい者は誰でもエルサレムへ行ってく
れれぱと願う!我々が彼等を捕囚しているわけではない事は明らかなのだから、それ程偉大で高貴な聖
人達が、どうして我々に封してそれほどまでに怒るに値するのであろうか?我々は彼等がイエスの母、
マリアをさう呼ぶようには自分達の妻を売春婦とば呼ばないし、また我々は彼等が我等の主を呼ぶよう
には彼等の事を私生児などとは呼ばないのである。我々は彼等を呪わず、あらゆる種類の肉体的、精神
的な幸せが彼等の上にあるよう祈り、我々と一緒に暮らす事を許している。我らは彼等の子供を誘拐せ
ず、切り刻む事をしない。彼等の水に毒を入れる事をしない。彼等の血を渇望する事もない。何によっ
て我々はかかる神聖なる神の子達の恐ろしい怒り、妬み、そして憎しみに値するのであろうか?神が正
気とはおもえぬ無分別と荒れ狂う心を持って彼等を処罰したという事は我々がモーセから引用したとお
りである。かくしてユダヤ人達がエルサレム崩壊後の三○○年間にわが主やキリスト教徒、そして(ま
だその目や肌に揮きがある)子供達に流させた汚れのない血に対して仕返しをしなかったということ
は、我々の失敗であった。我々が彼らを殺害せず、彼らの全ての殺人、呪い、冒涜と恥辱に対してとが
めもせずに我らの間に住まうことを許し、彼らの学校、家、体、財産を守り、それによって彼らを怠惰
にし、彼らが我々から金銭や
財産を絞りとるのを信頼して保証し、手助けした。それに加へて我々をあざけり、つばを吐きかけ最終
的には彼等が我々に勝利し、その様な大きな罪によって我々全員を殺害し、我々の財産のすぺてを持ち
去る事を望み、日々祈っているのである。こうしたすぺての事は我々の失敗である。教えて欲しい。彼
等には我々呪われたゴイムを僧み、呪って我々の最終的で完全な、そして永遠の没落を求める大きな動
機がないのだろうか?
今や、我々はこれらの受け入れられない呪われたユダヤ人達をどう取り扱おうとしているのであろう
か。我々の間に彼らが存在し、彼らの内部のうそや冒涜、そして呪いについて知った後では、我々は彼
らの嘘や呪いや、冒涜の共犯者にならないようにそれに黙って悩んでいるべきではない。私たちは、消
す事のできない神のしずめる事はできないし、またユダヤ人達を改宗することもできない。我々は祈り
と敬虔さをもってその炎と激しい熱の中から数人でも救いだせるよう、大いなる慈悲を実践しなければ
ならない。復讐は我々に許されていない。復讐は我々が彼らに抱くよりも千倍も増幅して彼らの首にま
といつくであろう。私はあなたたちに私の本当の意見を述べる事にしよう。第一に我々は彼らの会堂と
学校を避け、また人々にそれらに対して、反対するように警告する。こうした事は、神とキリスト教会
の栄光のためになされるべきで

ある。そしてまた、我々がキリスト教徒であり、神の御子とキリスト教徒に封するそのような嘘や呪い
や冒涜を承知の上でそれに封して寛容なのではない事を神にわかっていただくようになされるぺきであ
る。

何故なら、我々が無知で寛容である限り(私自身もその事を知らなかった)我々をお許しになるであろ
うから。しかしながら我々がそれを知った今は我々の目と鼻の先で、その中でユダヤ人達がキリストと
我々を冒涜し、呪い、つぱを吐きかけ、恥辱をもたらす、そ

そのようなユダヤ人達の建物にそうした事にもかかわらず我々が寛容であるなら、良く御存知の如く、
それはあたかも我々自身かそれをなしたか、あるいはもっと悪い事をなしたのと同様に大変な事になる
だけなのである。モーゼは申命記のなかいる。もしモーゼが今日生きているなら、彼はユダヤ人達の学
校や建物に火をつける最初の人間になることであろう。(聖書からの証言に従えば)第二にあなた達は
彼等が自分の家を栽々の中に建てるのを拒否せねばならない。何故なら、彼らは自分達の学校で行って
いるのと同様の事を自分達の家の中で行っているのだから。その代はりに、彼等が自ら誇っているよう
には我々の国の王侯などなのではなく、捕らえられて放浪の身の上なのだという事を思い知らすために
彼等をジプシーのように軒先か馬小屋に置いても良いであろう。休みなく血なまぐさい殺人を吠えた
て、神の御前で我々に不乎をこぼす彼等にふさはしく。第三に嘘と呪いそして冒涜が教えられる彼等の
祈祷書及びタルムードの全著作を彼等から没収すぺきである。第四に彼等のラビが説教をする事を禁止
せよ。彼等は貧しいユダヤ人達をモーゼの七、十一、十二の章句でとりこにし、その様な仕事への権利
を剥奪したのである。モーセはそれらの章句において、そうしなければ身体と魂を失うとして彼等のラ
ピ達に従うよう命じているのである。しかしながら、モーゼは明確に付け加へている。「主の律法に基
づいて彼等があなたに教える事柄に閣しては...」と。この事を不心得者達は見過ごしているのだ。そし
て、主の律法に逆らって彼等の恣意に貧しい人達が服従するのを利用して彼等にその様な毒と冒涜を降
り注いでいるのである。第五に街道でのユダヤ人の保護は廃止さるぺきである。何故なら彼等は貴族で
も役人でもないし、我が国にいる権利はないのだから。彼等は家の中にとどまるぺきである。現在我国
ではある金持ちのユダヤ人が十二頭だての馬車に乗っていると聞いている。そのユダヤ人はコハプ
(Star Bar Kochab)、「星の息子」この偽メシアは紀元一三二~五ローマに封するユダヤ人の最後の反抗
のリーダーであった。一になりたがっているわけである。彼は高利貸しを王侯や貴族達、地域住民、民
衆に封し営んでい

る。高官たちはこの件に関して黙認している。もしあなたがた、王侯及び諸侯の方々がこうした高利貸
し達に対してこの地に住み、街道を往来する事を禁じないならば私はあなた達に封抗するために騎兵を
集めたいと思う。何故なら、あなた方はこの書物を通してユダヤ人とは何者であるか、また彼等がいか
に扱はれるぺきか、そして彼等の行動が保護さるぺきではないという事がよくわかったであろうから。
彼らの醜悪な行為のパートナーになりたくなければ、あなた方は彼らを保護すべきでないし、またそう
することはできない筈である。あなた方がたとえ彼等の事をよく配慮してやったとしても、その結果は
良くてあなた方が減びるだけの話しなのである。第六にユダヤ人達にとって異国の土地において、自分
の国の中の主人公でもない場所においては彼等の高利貸しは禁止されるぺきてある。それはモーゼによ
って禁ぜられていたのであり、すぺての貨幣、銀、そして金は没収し、保管のために持ち去られるぺき
である。こうした理由から彼等はほかに収入はないのだから彼等が所有しているすぺでのものは高利賃
しによって(上述のごとく)我々から盗み略奪したものなのである。その様な財宝は次の如く使用され
るぺきである。即ち一人のユダヤ人が真に改宗した際にはいつでも、彼の人柄に応じて彼が自分の貧し
い妻子や老人や弱者達を養うために一、二あるいは三○○フロ(金銭の単位)が与えられるであろう。
不正に獲得されたかかる財産は、それが神の祝福を受けられるような正当な使用がなされぬ限り呪われ
たものとなってしまうからである。

彼等はモーセを裏切る事さえする
いつでもユダヤ人達は、モーゼが異邦人に封し高利貸しを営む事を彼等に許可したのだと公言する。
(申命記二三:二○「異邦人には利息を取って貸しても良い。ただ兄弟には利息を取って貸してはなら
ない。これはあなたが入って取る地であなたの神、主がすぺてあなたのする事に祝福を与えられるため
である」。)さもなければ彼らに有利な章句は何もないのだ。彼等には以下のごとき解答が与えられて
いる。即ち二種類のユダヤ人又はイスラエル人が存在する。一つは神がモーゼに命じたごとく、モーセ
に導かれてエジプトを出てカナンの地に入った者達。彼等に封してモーゼは神の戒律を与え、彼等ば外
国に出ることなく彼等の国土でひたすらメシアの到来までその戒律を守り続けていた…もう一つはモ-
セのユダヤ人ではなく(ローマ)皇帝のユダヤ人である。彼等は統治者ピラトの時代のユダの地に起源
を持つ。ピラトが法廷の場で「キリストと呼ばれるイエスについて余はどうすぺきなのか」とユダヤ人
に尋ねた時、彼等は叫んだ。彼を十字架にかけよ!彼を十字架にかけよ!」ピラトは言った。「お前達
の王を十字架にかけるのか」と。仮等は叫ぷ。「皇帝以外に栽らは王を持た
ぬ」と。このやうな皇帝への服従を神はユダヤ人達に命じだことはなかったのであるが、彼等は自発的
にこれをなしたのである。その後すぐに皇帝が服従を命ずると彼等は反抗し、彼にはむかって今や臣下
である事を望まなかった。そこで皇帝はユダヤ人達を工ルサレムから追放し、彼の完全な領土の中に分
散させ、そこで彼等は従はざるをえなかったのである。現在ユダヤ人といふクズどもがいるのはこうし
た事情によるものである。彼等の事はモーゼは何も知らない。ユダヤ人達も彼について何も知ちない。
彼等はモーゼの一節も暗唱していないのだから。彼等はまずカナンの地に戻り、モーゼのユダヤ人とな
って彼の戒律を守り異教徒や異邦人達を平定せねばならない。そこで彼等は異邦人達が許容する限りに
おいて高利貸しを営めば良いのだ。

だが彼等がローマ皇帝の領土である外国にいてモーゼの教へに従おうとしないのであれば彼等は皇帝の
法を守り、モーゼの戒律に徒うようになるまでは、仮等より身分が上位の方達に逆らって高利貸しを営
むぺきではない,とうふのは彼等が所有すぺき土地、あるいはイスラエルの国とはカナンの反対側の岸
であるからてある。モーゼはエジプト人やバビロニア人あるいは他のどんな国民の下へ送られたのでも
なく、自ら申命記の中てしばしば述ぺているごとく、エジプトを出てカナンの地に連れて来られただけ
なのである。彼等は彼等がョルダン河の反対側に所有するとした領土においてその様な戒律を守るぺき
である。ほとんどモーゼによって作られた聖織者達、儀式、公国君主の権力に関する限り、それらはも
はや一四○○年以前に崩壊してしまったのであるが、その時代以前に存在したモーゼの律法もまた崩壊
し終わりをむかえた事は確実である。それ故皇帝の下でのユダヤ人達は皇帝の法によって扱われるぺき
であり、一四○○年間一人も存在しなかったモーゼのユダヤ人のように扱われるぺきではないのであ
る。彼等はモーゼによって自分達が高利貸しを許された自らの国土を持たず、ましてや外国の領土を持
たぬのであるから。最後に一若く頑強なユダヤ人達には(麦打ち用の)「からざを」や斧、踏みすき紡
錘が与えられて、アダムの子達に課せられているのと同様に、自分達のパンを鼻頭に汗して稼がせるぺ
きである。創世紀三:一九「あなたは顔に汗してバンを食ペ、ついに土に帰る。あなたは土から取られ
たのだから。あなたは塵だから、塵に掃る」彼等神聖なる民族がストーブの後ろにいて、怠けながら我
らのバンをむさぼり喰らい、さらに自分達がキリスト教徒のご主人様であるなどとホラを吹きつつ、我
ら呪われたゴイムをして額に汗して働かすぺきてあるなどと言う事を許しておくぺきではない。彼等の
怠借は彼等の過去からもたらされるものなのである。しかしながら、彼等が我々に奉仕させられたり、
働かされた時には、彼等は我々、我々の妻、子供達、召し使、家畜などを身体的に

傷つける可能性がある。何故ならその様な労働になれていない世界の高貴な王侯達、つまり有毒な苦い
姐虫どもは呪われたゴイム達の下で自分達を卑しめる事をするのには極めて不熟心であろうからであ
る。我々はフランスやスペイン、ボヘミア及びその他の場所での諸国民のユダヤ人に対する、ごくあた
りまえな知恵を採用しよう。これらの諸国民達はユダヤ人達が高利貸しによってむさぼり取った額を計
算させそれを平等に分配したのである。その上で彼等はそれらの国から追放されたのである。既に話し
たように彼等に封する神の怒りは非常に大きいので、穏やかな慈悲によってでは彼等はより罪深くなる
だけであり、ただ苛烈な仕打ちによってのみ少しはましになるのである。それ故彼等を追放しょうでは
ないか!

我らの富で慈善をなす。
ユダヤ人達は多額の金を政府に与え、それによって政府の役に立っているといわれているとのことである。然り。しかしそれを彼等はどこから与えているのか。それらは彼等自身のものでなく、ユダヤ人達が高利貸しによって統治者の方達と臣下の方達の財産を奪いそれを与えているだけである!かくして統治者の方々はユダヤ人に取られたものを臣下の方達から取るのである。つまり、臣下の方達はユダヤ人達の為にお金を出さねばならず、お金を巻き上げられるという災難を被らねばならないのである。かうしてユダヤ人達は我が国のなかで自由に嘘をつき、悪態をつき、呪い、盗みつつ居座っている事ができるというわけなのである。彼等があらゆる種類の悪徳をなすぺく、この国に滞在して居る事をみすみす許しておくぺきではないのではなかろうか?
そしてまた我々が馬鹿にされ、仮等にお金を与えるために
あちこち鼻面を引きずり回される様子をやけっばちのユダヤ人違が高笑いしている事を。それらすぺてに加えて彼等は我々の汗と血によって金持ちとなり、一方我々は貧しくなって行き、彼等によって干らびるまて吸い取られつつあるのではないのか?もしそうした事が正しいなら、召し使、客、あるいは捕虜は年毎忙彼の主人に一○フロを与え、その代わりに千フロを盗んでいる事になる。召し使と客はすぐに金持ちとなり、雇い主と主人は短期間に乞食となるであろう。ユダヤ人達が、



たとえその様な金額の金を万が一にも自分たちの財布から役所与える事ができたと仮定しても、(そんなことはできない話しではあるが)仮等はそれによって自分たちの会堂で我らの主キリストについて嘘をつき、中傷し、つばを吐き、呪う事がおおっびらに保護される構利を我々から手に入れようとするのである。



そしてまた、我々の上にあらゆる種類の不幸-すなわち我々すベてが傷つけられ、我らのハマン(訳注--ユダヤ人達を減ぼそうとしたが、計画が露見してしまい、自分が作った高い絞首台で虚刑されたペルシャの大臣(エステル書))や皇帝、君主、諸侯、妻そして子供たちとともに減亡するのを望むのであり、且つまた、主キリストや全キリスト教界、我々の統治者の方々、我々の妻達、子供たちが哀れなまでに安売りされる事になるといったあらゆる種類の不幸が降りかかるよう彼等が望む事が保護されるのを手に入れようとするのである。裏切り者のユダヤ人達は我々よりもずっと聖人の価値があるかもしれない。そう、ただし、ユダヤ人達が年に一○萬フロを寄進してくれる事ができればのはなしてはあるが。

それでも我々は彼等が一人のキリスト教徒を冒涜し、呪い、つばをかける権限を持つ事を許したり、彼等に高利貸しを営む事を許してはいけない。そんなことをすれば我々は自分達をあまりに安値で
売り渡す事になってしまうではないか。全キリスト教界と我々全員が自分達自身の金によって買収さ
れ、また高貴な方々や領主の方々全員の頂点にいるユダヤ人によって悪口をいわれ、呪われ、軽蔑の笑いにさらされるといった事を我らが許すなどというのであれぱ、それは何と我々の許容の範囲を越えた事であろうか!悪魔とその使者にとってそれは何と楽しい事であろうか。それらの事態はまるで子豚に歯をむき出す雌豚のように彼等が我々を馬鹿にして鼻先でせせら笑うといった事になるかもしれない。だがそうした事は神の御前ではまさに天罰に値する事なのだ。


統治者の方々ヘの進言
ユダヤ人達を配下にお持ちの王侯、領主諸侯:要するに、もし私の進言をお聞きにならぬとあれば、皆さんはより良い「解決方法」を見つけるぺきであろう。つまり、それによって我々全員がユダヤ人という耐え難い悪魔的くびきから解放され、また我らの主イエスキリスト、その御母、すぺてのキリスト教徒そしてすぺての統治者の方々と我ら自身に封して、荒れ狂うユダヤ人達が神の御前でなしているあらゆる嘘と悪口、つば吐き掛ける行為、呪いに封し共犯者にならないで済む「解決方法」を。すなわちあなたがたはユダヤ人達に封して保護や安全通行手形や組合員の地位を与えてはならない。ましてやあなたがた及び臣下の方々の所持金や財産を彼等の高利貸しの元手とするのを許してはならない。
我々はい
まだに多くの自分自身の罪を背負っている。そして我々が神の恩籠と御働きに感謝する事を忘れたり、軽んじたりする事で日々その罪をさらに付け加えている。この上ユダヤ人などという卑しい外國人の悪徳をそれに付け加え、さらには我々の所持金や財産を彼等に与える必要など全くないのだ。

我々が日々トルコと戦闘状態にあり、それゆえ我々は自分達自身の罪から免れて魂の成長と向上を計る必要が多いにあるのだという事を思い起こそうではないか。この事に関して私は一連の事態を暴露し、それに警戒をうながした者として自らの良心が潔白であり、何等やましい所は無い事を望むものである。牧師であり伝道士である私の親愛なる方々、そして友人の皆さん、私は皆さんが、教区民達に封して永遠の破滅に陥る事のないよう警告を発するという自らの役目を誠実に思い起こされるよう願うものである。あなたがたはその為にどうしたらよいのかよく承知されている筈である。すなわち教区民はユダヤ人に対して警戒の構えをとり、彼等を避けなければならない。しかし決して彼等を呪ったり個人に封して傷害を与えたりすぺきではない!何故なら彼等が不幸な事に一四○○年の間そうし続けてきたようにナザレ人イエス、マリアの御子息を呪う事とは、実は自分達自身を呪い侮辱し続けてきた事になるのであるから。こうした点であなたがたは統治なさる方々に封し、私が申したごとくにユダヤ人達を取り扱うよう促す事が可能であろう。この点に関し統治なさる方々が何等かの処置をなそうと為すまいと、すぺての人々が自分自身の中にユダヤ人達に対するそのような決意と見通しを持つことによって自分自身と自分の良心を大切にするぺきなのだ!


キリスト教徒の死を熱望する
一人のユダヤ人に会ったりその男の事を考える時にはいつでも、あなたがたは自分で自分に次のように言い聞かせるぺきである。見よ、自分が向こうに見る「口」は、毎週土曜日には、そのかけがえのない血によって私を救って下さったわが主イエス・キリストを呪い、忌み嫌い、そしてつばをかけ続けている。そしてまた神の御前で私や私の妻子達とすぺてのキリスト教徒が最も悲惨な形で刺し貫かれ、殺されるのを祈願し、呪っているのだ。彼等はもしそうできるものであれば我々の財産を所有しにやって来たいのだ。彼等は(自分達の習慣にしたがって)まさにこの今日といふ日において、イエスの名に封し地面につば吐き、多分、そのつばは彼の口やあご髭にかかっているのだが、まだ彼の顔のその辺りには、まだ十分につばが付く余裕があるのだ。かかる悪魔的な連中(口)と食ぺたり、飲んだり話したりするぺきなのであろうか?私はあのユダヤ人の中に住んでいるすべての悪魔達の仲間となり、キリストの貴重な血液につぱを吐きつつ、確実に多くの悪魔達の盧になってしまうのであそうか。神が私にそうさせないで下さる事を!と。
もし彼等が我々のようには神を信じないなら、我々はそうするように手助けする事はできないし、信仰を受け人れるように強いる事
もできない。しかしながら我々は彼等が故意に嘘や冒涜、呪い、そして恥をかかせんとする点において彼等を力付けてしまう事だけは避けなけれぱならない。そして彼等に庇護--肉や飲物、宿泊場所、そして近隣者としての親切--を与える事によって彼等の悪魔的な夢と大言壮語の共犯者になってはいけない。特に我々が彼等に対し友好的であったり、彼等に奉仕している所ではどこでも、彼等は神が彼等を主人にさせ、我々を召し使にさせたのだと得意になって、そして横柄に自慢するのであるから。

安息日にはキリスト教徒が彼等の火をつけ、彼等が望むものは何でも料理してやるのだが、この事に関して彼等はまるでなにか良い行いをしているかのように我々を呪い、つばを吐き、中傷するのである。しかし彼等は我々から盗んだ我々の財産をすっかり食ぺ蓋くしているのだ。ここ一四○○年の間、我々の疫病神にして害毒、そしてすぺての災難そのものであり続け、現在もそうであるユダヤ人達は、かかる絶望的、悪魔的であり、害悪を流す者どもなのである。

説教士の方達への忠告





とりわけあなたがた説教士の方達は、あなたがたの王侯や摂政の方々が神から課されたものとしての祈祷の義務を思い起こし、ユダヤ人達に労働を強制し、彼等が高利貸しを営むのを禁じ、彼等の神への冒涜と呪いを妨げるよう繰り返し主張しなければならない。それらの方々が、我々キリスト教徒の盗人やかっぱらい、殺人者、中傷する者ども、その他の悪魔的行行為を為すものを処罰しているのであるとすれば、何故にユダヤ人どもの中の悪魔の子達が我々に同じ様な悪行を働くのを放置しておくぺきなのだろうか?

我々はスペイン人達からよりもユダヤ人達からこそ多くの災いを被っているのではないか。こ
れらの者どもは彼等の主人達から台所、酒倉、たんす、金ぷくろをかっぱらい、それに加えて主人の方々を呪い、死をもってこれらの方々を脅迫するのである。そして我々はかかる響応をユダヤ人達からも同様に受けているのである。かくして彼等は我々から盗み、強奪し、我々の首に寄り掛かり、怠惰で怠け者の腹をだし、食ぺたり飲んだりの大食漠ぶりを発揮し、我々の祖国の中で安逸な日々を送り、その代償として我々の主キリストや教会、王侯、そして我ら全てを呪い、休むことなく我々を脅し、我らの死と災難を願うのである。われらキリスト教徒がかかる怠け者ども、神を冒涜する者どもをいかに金
持ちにさせ、その代償としては彼等が我々に封して望むあらん限りの呪い、中傷、不幸のほかに何も得ることがない有りさまを良く考えて見て欲しい。この点ては我々はめくらの犬同様である。

丁度ユダヤ
人達が彼等の不信仰の中にいるように、私達はかかる無慈悲な悪漢からの圧政を被っている事がわからず、感じもせずに彼等を我々の王に、貪欲
な専制者にしているのである。我々はしかしながら彼等の捕虜であり臣下てある。そしてそれでも彼等は我々に捕虜として捕らえられていると嘆き、当然の如く我々を馬鹿にするのである!しかし、もし統治者の方々が、ユダヤ人達を自国から追い立て、言われているように彼等をエルサレムの彼等自身の国へと移動させ、そこで今我々の中で行っているように嘘や呪い、冒涜、つばかけ、殺人、盗み、高利貸し、などあらゆるたちの悪い忌むぺき行為を行うよう彼等に強制せず、彼等のわがままを抑へないならば...。

もちろん彼等はこうした事が彼等にはなんの助けにもならぬというふりをする事ができた。何故なら何人もそのような忌むぺき事を行う自由を容認する権利をもってはいないのであるから。すぺての自由はそうした事によって失われるのである。あなたがた説教士や牧師達が熱心に、そして殊勝にもこうした警告を発し続けても、どの君主や臣下の方々もこれについて何も実行しないならば、その時は(キリス
トが言われたように)我々の靴から塵を払って次のように言おうではないか一私達はあなたがたの血に対して潔白である。

何故なら私はあなたがたの統治が厳格であるぺきにもかかわらず、いかに温情に満
ち、慈悲深いあぺこぺの世になっているかを知っており…経験して来たからである。その代わり、本来温情に満ち、慈悲深くあるぺき時にはやたらと厳格なのである。この世の王は十一代目のアバプ王(訳者注一列王記一六:二九)
の加くにこの世を統治する。同様に彼等は、われらキリスト教徒と人間に封する血に飢えた敵であるユダヤ人達に寛容であり、それによって天国を手に入れたいと願うっているかもしれない。

しかしながらユダヤ人達は我々哀れなキリスト教徒を捕虜とし、苦しめ、拷問にかけ、既に記したごとく、あらゆる災いを与えるのてある。すなはち彼等がわれらから奪った金銭を貯えている所ではどこでも、我らは苦しめられ、そしてまた、まことにお人好なキリスト教徒と見なされるという次第なのである。一方我々哀れな説教士達は何を為すぺきなのであろうか。第一に我々は主イエスが、主のお言を受け入れず、主を十字架にかけたユダヤ人達に関して「お前達は毒蛇てあり悪魔の子である」。と述ぺられた時の主の
お言が真実である事を我々は信じたいと思う。洗礼者ョハネもまた同様の事を言っているのだ!ユダヤ人達が良い状態になる事を望む支配者や慈悲深い聖者の方々は我々が主イエスキリストのお言を信じているのを許しておくような人達てはない。もちろんキリストはそんな慈非深い聖人達よりも良くすぺての核心を御存知なのである。

つまり、これらのユダヤ人達が毒蛇の子孫であり、悪魔の子供達以外の何
者でもないという事。そしてまた、彼等の父である悪魔と同じくらいに良き事を私達にもたらしてくれるであろうという事を。われらキリスト教徒は、あの者どもが我々に封してどんなに良い事をなしてくれたものかという事を聖書の記述の他にも自らこう
むった経験に基づいてずっと以前から、良く理解しておくぺきであったのだ。このような毒蛇や若い悪魔ども、すなわち我々及び主キリストの最悪の敵どもを宿泊させ、世話をし名誉を与えたがり、自らがののしられ、略奪され、盗まれ、つぱをかけられ、呪はれ、すぺての災いに見舞われてもよいと考えているもの達にはユダヤ人達が推薦されるぺきであろう。

もしこれで十分でなければ、彼を又ジョッキの
中に押し込めるかその様な神殿を這いずりまわらせ、礼拝させよう。そしてその後で我々の主と、主がわれらにもたらして下さった尊い血とを汚すために悪魔と悪魔の子供達を彼が慈悲深くも力付けてやった事を彼に自慢させてやろうではないか。かくして、彼は慈悲の行為にあふれた完壁なキリスト者となるであろう!かかる行為に封してはキリストは審判の日には彼にユダヤ人と共に永遠の地獄の炎というお答えを出されることてあろう。

粗野な言い方を許してもらえば、それはユダヤ人達の野蛮な呪いとい
い事に封して言われている。この点に関しては他の方達が多くを記しており、ユダヤ人達も彼等がそれによって故意に呪い、冒涜したいと願っているのであるから、それが呪いと呼ばれるぺきものであるという事は良く承知しているのである。この点につき、我々もまた明晰に、そしてキリスト教徒として霊的な表現て話す事としよう。我らの主、イエス・キリストは次の加く言われた。「私を受け入れるものは誰ても、私をお遣わしになった方を受けいれるのである。


彼等は新約聖書を冒涜する
あなた方は、「そうです。ユダヤ人達は新約聖書を受け入れないのだから、前章でキリストが言われたような事を信じないし、知らないのです」とでも言うのだろうか。私はこれに答えよう。「願はくば、ユダヤ人達がそれらのうちの一つでも知るか、信じてくれる事を」と。我々キリスト教徒は彼等がイエスを冒涜し、呪っている時、彼等は公然とその父なる神を冒涜しているのだという事を知っている。もし神が我々に今、または審判の日に次のように言われたとしたら、私達は何と答えたら良いのか教えて欲しい。「お前達はキリスト教徒でありながら、ユダヤ人達が公然と私と私の息子とを冒涜している事を知っており、またお前達は彼等がそ
うする事ができる余地を与えた。そしてまた彼等がお前達の国や町や家の中において、妨害も盧罰も受けることなくそうした事ができるように彼等を守り、庇護した!」と。

(原英訳書、訳者注--この後には、イエスの救世主としての御業に関する聖書の文章を引用した長い論述が続くが、それらは学術的、理論的性格の論述であるため、ここでは割愛する。)

徒って我々はかかる事態を冗談事としてすますわけにはいかないのだ。我々はこれに対抗する知恵を真剣に見つけだしてユダヤ人達から我々の魂を救出せねばならない。すなわち永遠の死より救出せねばならない。既に述ぺたようにこの知恵こそが、まず第一のものである。すなわち我々は彼等が会堂(シナゴーグ)を持つ権利を拒否する。ユダヤ人達がその内部において我らの創造主、そして父なる御
方をその御子息といっしょに長きに渡り冒涜し続けるような建物を我々が許しはしないという事を世間に知らしめるために…。そんな事を我々が知らずに黙認する事など断じてできないのだ。

第二に、彼等のすぺての書物、祈祷書、タルムードは没収されるぺきである。更にその一ぺージたりとも残されるぺきではない。それらは改宗するかもしれないのためにとっておかれてはならない。何故なら彼等はそれらすぺてを神の御子すなはち神御自身、御
父、天地創造主を冒涜する目的でのみ用いて、他のいかなる目的で用いる事もないのだから。

第三に、我々の領地においては彼等が神をたたえ、感謝する事、祈り説教する事は公然と禁止されるぺきである。そんな事は自分達自身の国においてか、我々キリスト教徒にそれが聞こえず、わからない所でさせようではないか。これに関する理由一彼等の神に対する讃美、感謝、祈祷、そして説教は彼等の心と口が父なる神をネーベル・ボリックと呼ぷ事に他ならないからである。そして神の御子、我らの主イエス・キリストをも彼等が同様に呼ぶからである。彼等が神の御子を呼ぴ、たたえるのと
同様に父なる神の名か呼ぱれ、たたえられるからである。彼等が沢山の美しい言葉を使い、神の御名を華々しく用いたとしても彼等が救われる事はないであらう。次のように記されているからである。「汝は主、すなはち神の御名をいたづらに唱へるぺきでばない」。丁度彼等の祖先がイスラエル王国時代に神の御名を用い、そしていまだにその御方をバールと呼ぷのが何の救いにもならないように。

第四に、我々の前では彼等が神の御名について話題にする事は禁止されるぺきである。我々は確固とした良心を持っており、そんな目にあう事には耐えられないからである。彼等の冒涜的な心と口が神の御子をネーペル・ボリックと呼ぷ
時、彼等は又、彼等の御父をも同じ名で呼んでいるのである。(我々キリスト教徒が他に解釈しようが無い、まさにその名前で。)我々は、神の御子が彼等にそう呼ぱれ、そうであると信じられている以上、その御父でさえそう呼ばれ、さう信じられているのだと考えるほかないのである。それゆえユダヤ人の口は、我々の耳の近くで神の御名をいう資格を持たないと考えるぺきである。そして、ユタヤ人がそれを唱へているのを聞いた者は誰でも為政者の方々に報告するぺきである。

この件において
は誰も慈悲深かったり、親切であったりしてはならない。何故なら、それは神の栄誉と我々全て(ユダヤ人も含む)の救済にかかわる事だからである。
もし、ある人達がいて、ユダヤ人達はそんなに邪悪な事を意図しているわけではないと言い出し、ユダヤ人達は父なる神を冒涜し、呪っているという事も知らないのだ。(というのは、ユダヤ人達は主イエスや我々キリスト教徒の悪口を言っているにもかかわらず、神を最も高く、そして美しく誉めそやしているのだから)というとすれば、その時には以下のように答えるぺきであろう。もしユダヤ人達がその事を知りたがらず、またその事が良い事だとは思わないのであれば我々キリスト教徒がその事を知っておかなくてはならない。

神は彼等がこうした事を知らざるをえぬようにほぼ一五○○年に
わたって伝道されるように取り計らって来たのであるからユダヤ人達は彼等が知らなかったのだと言い訳はできぬ筈である。神は又彼等にもそれを知る
ように要求されたのである。

何故なら一五○○年にもわたって神の御言葉を聞きながら私はそれを知りたくないなどといっている者は誰でも当然の報いとして、その人間には卑しい言い訳、すなわち七倍の負債がもたらされるであろうから。

彼らの救世主は「にせもの」である。
最後に私は自分自身に以下のごとく言い聞かせる。もし神が私に封しユダヤ人達が望み希望する救世主とは異なった救世主を与える事を望まないのであれば、私は人間でいるよりも雌豚になった方がずっと良いのだ!この事に関して私はあなたがたに幾つかの正当な理由を示す事にしよう。ユダヤ人達は彼等の救世主にコハブや世俗的な王になって欲しいと強く望んでいるだけなのである。その王とはキリスト教徒を虐殺し世界をユダヤ人のあいだで分割し、そうして彼等を金持ちの王侯とし、最後には他の王や彼の子供達と同様に死んでいくような世俗的な王にである。
もし、ユダヤ教の救世主が私という哀れな人間を私の精神的な損失にもかかわらず、救ってくれないのだとすれぱ、そして私の人生を雌豚のそれの十分の一も良くできないのだとすれぱ彼は私にとって良いものと言えるであろうか。私はいうであろう。わが主なる神よ、あなたの救世主を我が物とする者に与えたまえ、と。だが私は雌豚に変えて下さい。何故なら全く死んだ人間であるより生きた豚の方がましであるから。そう、キリストがおっしやったように「生まれなかったとしたら、それはその人の為にはましだったろうに」。

しかしながら、もし私が霊的に私を救済し給う救世主を得られるなら私は死を恐れる必要はないし常にそして永遠に人生に確信を持ち、悪魔や地獄をあざけり、神の怒りの前に身震いする必要もないであろう。その時には私の心は喜びで飛び跳ね、幸せに酔いしれる事であろう。そして私は神への愛の燈をともし、神に感謝し、神を賛美するのをやめないであろう。もしその時、神が私に金や銀や他の富を与えなかったとしても、全世界は私にとってバラダイスてあるだろう。たとえ私が牢獄に住まねぱならないとしてもである。その様な救世主を我らキリスト教徒は持っているのである。それゆえ
我々は圧倒的な心の喜ぴを以って父なる神に感謝しているのである。そのようなメシアをユダヤ人達は望まない。彼等にとって、そのようなメシアはどんな善い事も与えはしない。彼等は自分達の悪臭発する腹を満足させてくれ、また、牛や犬のように彼等と共に
死ぬような地上の楽園のメシアを所有しなければならないのだ。


彼等の神への冒涜と高利貸しを警戒せよ。
私の考えでは以下のような結論にならざるをえない。もし我々がユダヤ人達の涜神から潔白で、彼等の共犯者になってはならぬとすれば、我々は彼等と分離して住まねばならないし、彼等は我々の国を離れねばならない。かくして彼等は、もはや我々が彼等を捕らえていると嘆く事もできないし、神に嘘をつく事もできない。我々も彼等が涜神と高利貸しによって我らを悩ますと嘆く事もなくなるであろう。これが両者に封して安全を保証する最も手っ取り早い最善の方策である。
(この後にはキリスト教の教義に反するユダヤ人達のキリスト教に封する非難に聖書からの長い引用による反論が績いている。--英訳注)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リアルタイム市況
FC2カウンター
プロフィール

DNF

Author:DNF
生息地:札幌市
2000年のインターネット証券の登場で即効で
口座作って株始めました。

兼業かたわら、相場の研究とトレードに精をだしていますが、裁量トレードはヘタクソなのを実感したのと精神的につらすぎて、これ高齢になったら続けるの無理なんじゃないかと思い、結局今はエクセルで自作した(なんだかんだで2~3年はかかった。。。)システムトレードと中長期の現物株での配当生活をめざしております。

でもいまだにヘタクソな僕は裁量トレードやって損しまくってます。


株暦長いくせにまだまだ資産的には不十分ですが、相場が好きで好きでたまらないのでトレードは一生確実に続けると思います。

目標は何もしなくても自動的に入ってくるキャシュフローだけで経済的な面で生活できることです。



ここに記載するのはあくまで私個人のデータと見解に基づくものですので、投資取引の推奨するものではありません。
またこのブログに書かれている事は正確であるとは限りませんので投資はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ツイッター
https://twitter.com/DnfHdnet

現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。